スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感の力、マイナス思考のいなし方

明日のことを想像し、悩み、憂鬱になる。
悩んだところで事態は打開しないし、明日は何も変わらない。
そんなことは分かっている。
でも、悩み、憂鬱になる。

何年も前のことを後悔し、憂鬱になる。
悩んだところで事実は事実なのだし、過去は変えようがない。
そんなことは分かっている。
でも、悩み、憂鬱になる。

人間関係をこじらせないかと、悩み、憂鬱になる。
悩んだところで、自分の気持ちや他人の行動のコントロールなんてできない。
そんなことは分かっている。
でも、悩み、憂鬱になる。

続きを読む

スポンサーサイト


テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

鬱がひどいときに限って将来のことを考える

鬱でないときは、将来のことを大して考えない。
日常生活で考える先のことって、まあ、長くて1週間先までだ。
1年後2年後のことなんて、必要に迫られないと考えない。
20年後、30年後なんか、想像したところで、実感が伴わない。

ところが、鬱がひどくなると、日常的に、将来のことを考えてしまう。
1週間後、1ヵ月後、1年後、10年後の自分がどうなっているのか、考え、想像する。
もちろん、考えただけで終わり。対策を立てる元気も勇気も無い。
それゆえに、将来を悲観する。
10年後もこんな状態なのかなあ。
あああ嫌だなあ。
何か考えたところで、悲観的な結末しか想像できない。
そういう病気だから。

続きを読む



テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

朝の欠勤決断は鬱を悪化させる

朝、起きると、会社に行けるような気分じゃない。
うんうんと悩んだ結果、結局休むことにしたとしよう。

気分が良いのは、「休む」と決断したときだけ。
決断後しばらくすると、休んでしまったことを、うんうんと悩んでしまう。
もしかしたら行けたんじゃないか。
こんなことで休んでしまっていたんじゃ、周りから白い目で見られるんじゃないか。
夕方になればなるほど、翌日に近付けば近付くほど、後悔の念が増大する。
そして、気分的には、一日を棒に振る。
明日こそ、会社に行こうと思う。

でも、明日の朝になると、全然会社に行けるような気分じゃない。

この事象の不思議なこと。
朝に調子の悪い自分を、夕方の自分は理解してくれない。
同じ自分のハズなのに、調子の良いときの自分は、調子の悪いときの自分のことを理解できない。
だから、「どうして欠勤なんかしちゃったんだろう」と思っちゃう。
決してズル休みじゃないことは分かっているのに、ズル休みしてしまったような念に駆られる。

続きを読む



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。