スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんばろう日本」ってやめませんか?

「がんばろう日本」
この言葉、嫌いだ。
人を見ずに言えてしまうこの言葉が嫌いだ。
子を喪い、親を喪い、夫・妻を喪った人に言うことを許してしまうこの言葉が、今の空気を作っているようで、嫌いだ。
「頑張らない奴は日本人じゃない」

戦争中もこんな雰囲気があったのかなあ。
子どもを戦争で喪った親に「お国のために死ねました」と言わせる空気だったのかなあ。


だいたい、頑張るって何なんだ?

津波に襲われた町を、元に戻そうと奮闘するのも「頑張る」だ。
被災地を離れ、家族とも離れ、新たな土地で一から暮らし直すのも「頑張る」だ。
ひとりひとりの生き方、暮らし方は、そのひとりひとりが、最良だと思うものを選択する自由がある。
そこに、部外者が「郷を捨てるな」とか「逃げるな」といった強制を持ち込んで良い道理はない。

「俺はがんばる」という、決意の表明であれば、「そうか頑張れ」と応援できる。
でも、「がんばろう」って、「俺は頑張ってるんだから、お前も頑張れ」っていうニュアンスを感じてしまう。
協調の皮をかぶった強制に聞こえる。
だいたい、被災も何もしていないそのへんの商店街の垂れ幕でそんなことを言われること自体、気に入らない。


どんな意味があって「がんばろう」って言っている?
「がんばろう」と言った奴、誰に向かってその言葉を発した?
お前は何をしてくれるんだ?
瓦礫を受け入れてくれるのか?
放射性物質を除染してくれるのか?
防波堤を作ってくれるのか?

そういう意味じゃない?
じゃあ、「がんばろう」って言葉は、誰に突き刺さるんだ?
頑張っている被災者は、「がんばろう」なんて言わなくったって、とっくに頑張っているんだ。
じゃあ、被災していない、頑張っていない人に刺さるか?
刺さらないだろ。傍観者なんだから。

結局、頑張りたいのに頑張れない被災者に突き刺さる言葉なんだよ。
痛い言葉なんだよ。

どうしても前を向けない人がいる。
その人のことは一旦脇に置いておかないと、話は前に進んでいかない。
結局のところ、いちばん弱い人にすべてのしわ寄せがいくようになっている。
その人に寄り添えないで、何が復興だ。
復興って、町がきれいになったり道路や鉄道が開通したりすることじゃないぞ。

政府・役所・東電・地元自治体・企業にがたがた文句を言う暇があったら、自分に何ができるのかを一生懸命考えろ。そして、自分ひとりじゃ結局大したことは何もできないことに愕然としろ。

すべての言葉は、自分自身にも向く。
僕はこの一年、何をしてきたんだ?
いくら寄付をしたんだ?
どれだけ瓦礫を片付けたんだ?
指を折るほどにしか出来ていない自分に、愕然とする。


とにかく、祈ろう。
何年経っても出来る支援はある。
いちばん弱い人に寄り添っていければ、と思う。


辛く、苦しい生活を強いられている人、その、ひとりひとりに、これから先、幸あらんことを。
スポンサーサイト


テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

人工放射線と自然放射線の違い

人工放射線と自然放射線の違い。
そんなもん、ないですよ。

飛行機で成層圏を飛行しているときに浴びる放射線は、宇宙線という自然放射線なので、原発由来の人工放射線とでは、人体に対する影響は違う。
自然放射線は、内部被曝しないが、人工放射線は内部被曝する。
ラジウムが出す放射線は安全で、プルトニウムが出す放射線は危険。

以上、ぜんぶウソです。

続きを読む

20ミリシーベルトの被曝が何だって?

低放射線量の健康影響 調査へ
11月5日 14時28分 NHK
細野原発事故担当大臣は、浜松市で講演し、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、年間20ミリシーベルト程度の低い放射線量の被ばくが健康に与える影響について、有識者による作業チームを作り調査する考えを示しました。

この中で、細野原発事故担当大臣は「年間の被ばく線量が100ミリシーベルト以上の場合は、過去の原発事故によって、健康にある程度の影響が出ることが分かっているが、それ以外についてはまだ確認できていない」と述べました。そのうえで、細野大臣は「すでに拡散した放射性物質の低線量被ばくをどう考えるか、もう少し深く分析しなければならない。20ミリシーベルトで線を引いて、国として考え方を整理したい」と述べ、年間20ミリシーベルト程度の低い放射線量の被ばくが健康に与える影響について、有識者による作業チームを作り調査する考えを示しました。また、細野大臣は、東日本大震災で発生した大量のがれきを被災地以外で処理する広域処理について、「岩手県と宮城県の廃棄物は放射性廃棄物ではないし、燃やしたときにも危険性はなく、灰を含めて安全に処理できるものだ。私どもが安全性を保証し責任を負うので、協力してもらいたい」と述べ、各自治体の協力を求めました。


こいつは、何を言っているんだ?

続きを読む



テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。