スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の重さ

光母子殺害事件、元少年の死刑確定へ…上告棄却
(2012年2月20日15時05分 読売新聞)
 山口県光市で1999年に母子2人が殺害された事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、差し戻し後の控訴審で死刑となった元会社員大月孝行被告(30)(犯行時18歳1か月)について、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。

 死刑が確定する。

 判決によると、大月被告は99年4月、排水検査の作業員を装って近所の会社員本村洋さん方を訪れ、妻弥生さん(当時23歳)を乱暴目的で襲って、抵抗されたことから両手で首を絞めて殺害した。泣きやまなかった長女の夕夏ちゃん(同11か月)も、ひもで首を絞めて殺し、財布を盗んで逃走した。

 最高裁によると、記録が残る66年以降、犯行時少年で死刑が確定したのは12人。60~70年代は被害者が1人のケースもあったが、連続射殺事件の永山則夫・元死刑囚(犯行時19歳)の判決確定(90年)以降は、いずれも被害者数が4人だった。


ようやく、ひとつの結論が出た。
この事件が社会に与えた影響、少年犯罪や刑罰に対する考え方に投じられた一石は、人々の記憶に残り、後々まで語り継がれることになるだろう。
本村洋氏の正義に対する思い、被害者としての立場で貫き通した意志。
家族を奪われるなどという、どんなに考え抜えたところで想像を絶する、一生のうちでも到底思い至ることもできないであろう心情のなか、何かを見据え、そして闘ってきた本村氏。
氏なくしてこの結果は有り得なかったと思う。
敬服します。


本村氏が極刑にこだわった理由。
それは、この被告に、きちんと反省してほしかったからではないだろうか。
人を殺すということはどういうことなのか、殺したらどういう裁きを受けなくてはいけないのか。
それを知らないで、この被告が今後も生き続けることは、何としても許しがたかった。
もちろん、裁かれる人によっては、死刑よりも生かされることのほうがより厳しい判決である場合もあるだろう。
ただ、この被告の場合は、おそらくそうではなかった。
死をもって、生の尊さを知らしめる必要があった。
自分の奪った命と、自分の犯した罪の重さを、自分の死を念頭に置いて、被告に反省して欲しかった。
そして、それは、死刑という判決でしか成し得ないと、思ったのではないか。

以上、完全に私見。ただの感想。
何度も言うが、家族を奪われる慟哭は、常人の及びもつかない世界である。
「わかります」なんていう無責任な言い方は絶対に出来ない。


人を殺すという罪の重さ。
それは、人の命の重さと言い換えることができる。
そして、実は、大月孝行死刑囚の命の重さも、同じである。

その命を、死刑という形で奪わざるを得ない罪とは、どのような罪なのか。
被告が少年かどうか、ではなく、そもそも死刑とは何であるのか。
この死刑囚は、なぜ死刑でなくてはならなかったのか。
きちんと考えたことがあるだろうか。


本村氏の「喜びはない」という、この言葉が、痛い。
「良かった」も、「おめでとう」もない。

ただただ、厳粛に、この判決を受け止めよう。
そして、深く、この問題に正対しよう。
スポンサーサイト


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

口先だけ/実行力だけ

「5月までに決めましょう」
沖縄で流行っているとのこと。

意味はもちろん「無理です」。

気の利いたジョーク。
誰も、こんなことで気を利かせたくはないだろう。
口先だけなら、誰でも好きなことを言える。


------

鹿児島県阿久根市長。
地元では、意外と人気があるらしい。
「変人だけど、庶民の味方」なのだそうだ。
なにせ、実行力だけは抜群。

ヒトラーもそうだけど、独裁者って、こうやって世の中に出てくるのだろうな。
やり切れぬ閉塞感が日本を包む。
地方はもっとだろう。
そんなところに、独裁者は生まれる。

かつてのドイツでヒトラーが生まれたように。


------


どっちが良いの?
どっちも良くないだろう。
でも、今、日本はその二者択一を迫られているのではないだろうか。

閉塞感が、考える頭を奪う。
「カレー味のうんこ」と「うんこ味のカレー」を選ばされている。


------

ひどい話だ。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

18ボタンマウス

仕事中、18個ボタンのある電話機について調べる必要が出てきたので、ググった。
そしたら、こんな記事にぶち当たった。
びっくり。
正直、気持ち悪い。

WarMouse Meta: the Multi-Button Joystick Mouse

慣れれば作業効率が上がる、のだそうである。
慣れれば、ね。

もしかしたら、このいぼいぼ感、触っているうちに気持ちよくなるかもしれないな。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。