スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に犯罪を犯さない自信、ありますか?(その2)

前回記事『絶対に犯罪を犯さない自信、ありますか?』の続き。

すごく大事なこと。
それが、コメント欄だけに閉じられているのは、もったいない。
もう一度、おもてに出します。



『虐待は絶対にあってはならないこと』という点では、みな同じ。
虐待しても良い、なんてこと、誰も考えるハズがない。

じゃあ、どうして虐待がこの世の中からなくならないの?

意識的でも無意識的でもいいが、自分には関係がない、という感覚を持っていらっしゃる方が多いからじゃないの? 「自分は絶対に虐待なんかするハズがない」と思い込んでいる人が多いんじゃないの? というのが、僕の考え。



すべての事件、ひとつひとつの事件に対し、加害者がいて被害者がいて、傍観者がいる。
前回取り上げた事件の、具体的な加害者、被害者については、もちろん警察、司法で、きっちり解明し、裁いてもらう必要がある。
このあたりの僕のスタンスは、『東京都江東区殺人事件の報道について』と同じだ。
被害者の気持ち、加害者の気持ちは、当事者や遺族でないと、絶対に分からない。そんなもの、一般化できるわけがない。議論するだけおこがましい、と考える。
悲しみ、憎しみ、怒り、といった、簡単な言葉で片付けられるハズがない。
自分の子を失った悲しみは、子を失った人間しか分からない。



では、放っておけばいいの? そんなわけない。
僕の心に沸き起こった、怒り、憎しみ、悲しみは、どこに向ければいいの?
どうして、周囲の人は、助けられるのに助けなかったの?
僕自身は、この事件から、何を学べば良いの?

自分自身が、こういうことをやってはいけない、と考える以外に、ないじゃないか。
「自分はこういうことを起こすハズがない」
「自分はこういうことを起こしてはいけない」
この2つ、全然違う。



具体的な表現は避けるが、子どもの頃の遊びのなかで、自分自身が、いかに残酷な一面を持っているか、僕は身をもって体験している。
田舎育ちで、野山を駆け巡った経験のある方なら、このあたりのこと、分かるのではないだろうか。
また、歴史をきちんと正視すれば、人間がいかに残酷なことを平気で出来る動物かということも、知ることが出来る。
そして、今の世の中が、人間の本能ではなく、理性的な思考を行う集団で成り立っている、ということも合点がいく。
理性的な思考を行うひとりひとりが、集団になったときに、どういう法を持つべきか。
そこで決めた法に従うために、個々はどうすべきなのか。

そうやって、今の社会は成り立っている。

「僕は、虐待をしないと、誓う」
これが、僕のスタートだ。

あなたが虐待をしないためのスタートポイントは、どこですか?
スポンサーサイト


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

絶対に犯罪を犯さない自信、ありますか?

「泣き叫ぶ姿、面白かった」娘を熱湯風呂に 母と友人逮捕
2009/04/28 12:27 産経新聞
 2歳の長女に熱湯をかけてやけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は、傷害の疑いで、いずれも東京都足立区の無職で母親の少女(19)と友人の少女(19)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認め、「泣き叫ぶ長女の姿がおもしろかった」などと供述。「娘に申し訳ないことをしてしまった」などと反省している。
 同課の調べによると、2人は3月12日午後5時ごろ、自宅マンションで食べさせたシューマイを熱いとはき出した長女の様子を見て、熱湯に入るお笑い芸人の様子を思いだし、長女を熱湯に入れることを計画。熱湯を入れたベビーバスに1分ほど入れ、両足に重症のやけどを負わせた疑いがもたれている。
 同課によると、2人は自転車で長女を病院に連れて行ったが、医師には「ポットの熱湯がかかった」などと説明。しかし、虐待を疑った医師が足立児童相談所に通告し、児相から要請を受けた同課が捜査していた。
 少女にはほかに、8カ月の長男がいるが、今年2月、足首を持って子供を振り回した際にできやすいという頭部外傷で入院しており、同課は少女が長男にも虐待していた疑いがあるとして調べている。


大阪の女児死体遺棄事件を含め、最近、虐待のニュースが目立つ。
それと同時に、「信じられない。人間のすることではない。」という意見もよく聞く。
極端な意見(死刑だ!)もあった。


僕の捉えかたは、すこし違う。
こんなむごい虐待、人間だからこそ、出来てしまうのだ。
人間にしか出来ない犯罪なのだ。

人間は、無限の可能性を持っている。億万長者になれる可能性もあるし、超一流の科学者、芸術家になれる可能性もある。もちろん、殺人犯になる可能性だってある。
僕が殺人をしない保証はどこにも無い。あなたが虐待をしない保証はどこにも無い。
あるのは、「そんなことは絶対にしない」という決意だけだ。その決意だけで、犯罪を犯さないだけの話だ。その決意さえ、将来にわたって持ち続けられるという保証は、どこにも無い。
「僕は、科学者にはなれない」という確信と同程度の、無根拠な確信でしかない。


そんなに人間って強くない。
つい、かっとなって、人を殺すことの出来る動物なんだと思う。

すべての人は、ありとあらゆる可能性を持っている。
これは、肯定的な部分について述べられることの多い言葉だが、否定的な部分もある。これは、真実だと思っている。
自分の中で正当な理由さえつけば、虐待も殺人も薬物も強盗も戦争も出来る。それが人間なのだと考える。

自分は、弱い人間である。万が一かもしれないが、そういう犯罪を犯す可能性を持っている、危うい存在である。そのことを知らない人間が、こういう犯罪を、知らないうちに犯してしまう。そして、犯した後になって、後悔する。



人の批判も良いが、まずは我が身を振り返ることが必要だろう。それが出来る人間こそが、本当に強い人間なのだと思う。
批判だけをする人間は、その批判対象と自分との違いを際立たせようとする。自分とは違う世界で起きた事件だということを、声高に主張する。
それは、その批判対象から逃げているのと、何ら変わりは無い。

確かに、おぞましい事件である。目を背けたくなる事件である。
でも、それを実行するのも、また止めることが出来るのも、人間だけである。ここを知らないで、「人間の所業ではない」「死刑だ!」などと言って逃げている人は、人間の恐ろしさを、自分の恐ろしさを知らない。自分が犯罪を犯すかもしれないという「事実」を知らない。
だから、こういう犯罪が無くならないのではないだろうか。

こんな悲しい事件は、もう見たくない。
だから、逃げないでいよう。目を背けないでいよう。
忌まわしい、悲しい事件から、目を逸らさない。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

鬱は大型連休をどう過ごすべきか

鬱を抱えながら日々労働している人にとっては、待ちに待った大型連休だ。
今回はカレンダーの並びも良く、また不況下ということもあり、最大16連休という会社もあるようだ。
僕は、極めてカレンダーどおりの業務である。

でも、残念ながら、待ちに待った大型連休には、必ず終わりがやってくる。
鬱を抱えながら日々労働している人にとっては、憂鬱極まる瞬間でもある。
「あああ、もっと休みたかったなあ」
「もう少し遊びたかったなあ」
「どうして仕事をしなきゃいけないんだろう」

現実を直視できないと、人は逃避行動に走る。
現実は厳しい。
間違っても、駅のホームの端っこから、電車に向かってダイブしないように。

働いている鬱病さんは、症状としては比較的軽症の部類に入る、つまり、頑張れば身体が言うことを聞いてくれる人たちのことである。そんな人たちは、大型連休終了後、つまづく率が大変高い。
そういう人は、行動力があるから、なおさら厄介なのだ。ビルの上とか、ホームの端からダイブする元気がある人でもある。

また、連休中も、知らず知らずのうちにカウントダウンをやってしまっていることも多いハズだ。
「ああ、あと3日しか休みがないよお」

飛び込むほど行動派でもなく、かと言ってご近所中に知れ渡るほどの精神病患者でもない鬱な人間は、意外とGW期間中、何もしないことが多い。
身体を横たえ、テレビをぼおっと眺める。
夜になると目が冴え、パソコンに向かって、ストラグラーのブログを読み耽る。
そして、朝、日が昇ると同時に、ベッドに入る。
はい、もう、あと2日しかありません。
ああああああああ、何やってんだろう・・・。



もう、こうなると、残るは後悔しかない。
「あああ、もっと休みたかったなあ」
「もう少し遊びたかったなあ」
「どうして仕事をしなきゃいけないんだろう」

時間はたっぷりあったハズなのに、どうして?

それは、僕たちが「鬱」だから。
いや違う。「鬱」であることに甘えているのだ。
仕事の出来る鬱病は、「鬱」であることに甘えてはいけないのだ。
甘えると、必ずしっぺ返しを食う。

躁鬱の波は、連休明けに必ず下降線を辿る。
ということは、連休中は、比較的鬱っぽくない精神状態でいられるハズなのだ。


続きを読む



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

鬱でも禁煙9ヶ月

先日、禁煙9ヶ月を達成した。
おめでとう。ありがとう。
鬱病が禁煙すると、どういうことになるのか、ということが知りたい方は、以下の過去記事をご参照くださいませ。
いや、この言い方は誤解を生じる恐れがある。あくまでも、ストラグラーが禁煙したときは、こんな感じだった、ということだけの話だ。鬱持ち全員が、禁煙したら鬱病が再発したり、悪化したりする、というわけではない。鬱持ちでも、ご立派に禁煙を成功していらっしゃる方も、世の中にはたくさんいらっしゃいます。

禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡
禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡(2)
禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡(3)

それにしても、いまだに、あの医者の発言は、許せん。
でも、しかたあるまい。こちらは所詮、精神病患者であり、むこうは医者なのだ。


今回は、それ以降、現在までのことを、まとめてみたい。
禁煙も安定期に入り、禁煙ライフを謳歌できるようになった日々の記録である。

・コーヒーと酒について
・仕事のいらいらとタバコについて
・タバコを吸う夢について
・タバコをやめて変化したこと



なお、お断りしておく。
本文章は、禁煙の啓蒙文ともなっている。現在タバコを吸っており、これから先も禁煙したくないという方は、この先に進む必要はございません。

続きを読む



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

弦楽合奏付ブラスバンド

全国の吹奏楽愛好少年少女諸君。
世界最高の弦楽合奏付ブラスバンドを紹介しよう。

その名は、シカゴ交響楽団!

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番&第9番ショスタコーヴィチ:交響曲第7番&第9番
バーンスタイン
7番:シカゴ交響楽団/9番:ウィーン・フィル


このCDでは、7番が、シカゴ交響楽団の演奏だ。

緻密すぎるアンサンブル、キマり過ぎるパーカッション、疲れを知らない金管楽器軍団、それに優るとも劣らない木管楽器の音量。
弦楽合奏の味付けが、さらにそれらを盛り立てる。


ショスタコーヴィチの7番といえば、アリナミンVである。
まだ写真集「サンタフェ」を発売する前の宮沢りえと、まだカリフォルニア知事になる前のシュワルツェネッガーが競演したCM、アリナミンV。
「ち~ち~んぷいぷい、ち~ち~んぷいぷい」
これが、ボレロ方式で奏でられる。
最初はヴァイオリンのピッチカートで始まり、それが10分くらいかけてだんだん大きくなり、最後はシカゴ交響楽団ブラスバンド部門が、巨大な音量で押しまくる。

あ、吹奏楽愛好少年少女諸君には、「ち~ち~んぷいぷい」は通じないな。
もしかして、宮沢りえが、過去オールヌード写真集を出したことも、知らないのかな?

話が飛んだ。


まあ、とにかくすごいんだから。
一度でいいから、聞いてみな。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

肥満は地球環境に優しくない

「肥満は地球環境に優しくない」 英研究チームが試算
2009.04.21 Web posted at: 21:00 JST Updated - CNN
 スリムな体型を維持すれば地球温暖化を食い止める一助にもなるという研究結果を、英ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院(LSHTM)の研究チームがまとめた。
 研究では肥満の指標となるBMI(体格指数)分布について、英国の1970年代の統計と2010年の予想値を比較。肥満の人が人口に占める割合は1970年代の3.5%から、2010年には40%に増えると予想した。
 肥満人口が40%を占める状況で必要な食物エネルギーは、3.5%が肥満の場合に比べて19%多くなる。食物消費量が19%増えれば、地球温暖化ガスの排出量は2億7000万トン増える計算だ。
 世界で肥満の大人は約3億人、太りすぎの大人は10億人に上り、中国、欧州、米国などの各国でBMIの値は上昇しているという。
 体重が重い人が動くためにはそれだけ多くのエネルギーが必要になり、輸送のための燃料もかさみ、温室効果ガスの排出量がそれだけ増えると研究チームは指摘。LSHTMのフィル・エドワーズ講師は「自分のためにも地球のためにも、スリムな体型を維持した方がいい」と話している。


やっぱり?
デブは、知らない間に環境破壊もやっていたのか。
そういえば、少し前、こんなニュースもあったなあ。

ユナイテッド航空、肥満客に2席分請求!?
2009.4.17 05:01 サンケイスポーツ
 ロイター電によると、米ユナイテッド航空は、満席便では肥満の乗客の予約を取り消し、後で出発する便で2席分を購入するよう求める方針を打ち出した。15日(日本時間16日)、同社のスポークスマンが明らかにした。
 今回の決定で先に同様の対応を決めているコンチネンタル航空、デルタ航空などに追随する形となった。ユナイテッド航空は、昨年1年間で、肥満の乗客と席が隣り合わせになった乗客から700件の苦情が寄せられたとしている。
 新たな方針でも、機内の座席に余裕がある場合は2席分を追加料金なしで利用できる。しかし、満席の場合は予約を取り消された上、後に出発する便でもう1席分を新たに購入しなければならない可能性があるという。
 乗客が搭乗しないと決めた場合、搭乗券代はキャンセル費用なしで返金される。同方針は、即時実施になっているという。

ふと思った。
肥満は、どこから肥満なのだろうか。
アメリカンな肥満と、ジャパニーズな肥満は、けっこう質が違うぞ。

ボーダーラインぎりぎりの人は、海外旅行1週間前くらいから、ものすごい努力をするんだろうな。
減量、減量!
右フック! 右フック! 左アッパー! ガードが甘い!
左! ストレート!
きっと、都会のど真ん中で蜃気楼の向こうにオアシスを見るような努力をするのだろう。
試合(搭乗)3日前からは、水もカット。
冬場なら、ストーブを抱えて、汗を搾り出せ!

ゲートを通過。
計量、パス!!
成田空港に、ロッキーのテーマが鳴り響く!
You're the champion !!


いやいやいやいやひとごとではないぞ!
鬱でうしろゆびさされているのに、その上、デブだから、街ですれ違う知らない人から「環境破壊野郎だぜ!」とか言われちゃうのだ。
たしかに、電車の中でもご迷惑をお掛けしているからなあ。
最近の電車、軽量化が進んでおり、がらがら電車にデブが乗り込むと、ゆっさゆっさ、と車両が揺れる。
環境どころではない。電車を破壊してやがる。

しかも最初の記事、デブのせいで食物消費量が増えるとある。それが、地球温暖化ガス排出量を2億7000万トン増やす、と言ってやがる。

こんな辱め、もう耐えられない!

まじめに、痩せよう。
ダイエット? いやいや。
減量じゃ。

テーマ : ダイエット・減量
ジャンル : 心と身体

ひきこもりさん、新聞読んでいますか?

鬱病でひきこもっていらっしゃる方々へ。

ちゃんと新聞読んでますか?
テレビ見てますか?

もし、新聞もテレビも見ていないのだったら、こんなブログを見ている見ている場合じゃないですよ。
新聞を読みましょう。テレビのニュースを見ましょう。
というのが、本日の論旨。


インターネットの功罪については、昔から色々と各方面で叫ばれているが、以下僕が述べるような意見って、どうなんだろう。
もしかしたら、的外れなのかなぁ、と思いつつ、でも、書いてみるか。
新聞、テレビその他のメディアを併用せず、専らインターネットでニュース、情報を収集することって、すごく危険なことだというのが、僕の考え。

Yahooでも、Googleでも、Livedoorでも、その他オンライン新聞サイトでも何でもいいが、インターネットでニュースを見るとき、皆さんどのように見るだろうか?
見出しをざっと眺めて、気になる記事をクリックする。
関連記事に気になるものがあれば、さらに深追いする。
だいたい、こんな感じだろう。あとは、お気に入りのサイトの巡回をして、おしまい。

以下、追記で。
これ以降を読んで、アタマに来て血管切れても、責任取れませんので、悪しからず。

続きを読む



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

OracleがSunを買収~そのとき鬱SEは

オラクル、サン買収に合意--現地電話会議速報
CNET Japan 2009/04/21 00:33
Sun Microsystemsの買収を決めたのは、IBMではなくOracleだった。

 OracleとSunの両社は米国時間4月20日、OracleがSunの普通株を1株あたり9.50ドルの現金で買収することについて最終合意したと明らかにした。買収総額は74億ドル(Sunの保有現金や負債を考慮した場合の実質的な買収額は56億ドル)。

鬱なSEとしては、いろいろと考えざるを得ないニュースである。


この買収ニュースには、大きく2つの意味があると考えている。

1.データベース管理システムのシェアで世界トップのOracleが、ハードウェアとOSを手に入れた。
2.Sunは、IBMとの合併を拒否し、Oracleを選んだ。

IBMとOracleのデータベース競争。
商用RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)のシェアは、世界的にも、日本国内においても、OracleがIBMをリードしている。
IBMは、かつてRDB(リレーショナルデータベース)の考え方を提案したというメンツもあり、ハードウェアとOSとの相性を重視した戦略で、後発組であるOracleに立ち向かい、ある程度の位置を確保し続けることが出来ていた。特に、メインフレーム系のデータベースについては、IBMの独壇場である。
同じ戦略を、UNIXやオフコンにおいても実践することで、IBMは何とかそのメンツを保ってきたところがある。

Oracleが、Sunのハードウェアを手に入れた、ということは、今後Oracleが、同じ戦略を立て、IBMとの勝負に出られる、ということになる。ハードウェア、ミドルウェア、そしてソフトウェアの一体販売が可能となる。

かつ、Oracleが強いのは、引き続き、今までどおりのバラ売り戦略を取ることもできる、というところにある。
日本に、DB2(IBMデータベースの製品名)の技術者は少ないが、Oracleの技術者は溢れている。彼らは意図せずして、Oracle戦略の歯車となり、Sunのハードウェアも売ることになるだろう。
IBMは、他のIBM製品の何かとセットでないと、データベースを売ることが出来ない。今まで、そういう戦略しか取ったことがないのだ。



また、Sunといえば、Javaである。
Javaといっても、お茶ではない。インドネシアの島でもない。プログラム言語と、その実行環境JVM(Java Virtual Machine)のことである。
そのSunが、IBMではなく、Oracleを選んだ、というのは、どういうことか。

IBMもOracleも、アプリケーションサーバーと呼ばれるミドルウェアを持っている。
それぞれ、WebSphere、WebLogicという製品名で展開されているが、このミドルウェア、実はJavで動いている。
この分野においても、Oracleが一歩リードしているのだが、その状況にますます拍車がかかることが予想される。

Javaというのは、非常に使い勝手の良い言語である。
Windows上でコンパイル(簡単に言えば、実行ファイル化)したものが、UNIX上で簡単に動作する。
もちろん、Mac上でも動作する。

これ、一般的には有り得ない話なのだ。
たとえば、AdobeReaderのインストーラーは、Windows版、Mac版、Linux版、すべて分かれている。
機械によって解釈する言葉が違うのだから、それぞれ実行ファイルも違うのは、当然のことなのだ。

いままでは、Oracleでもない、IBMでもない、Sunという会社が、Javaの主導権を握り、すべてはそこがスタートとなり、それに追随する形で、OracleもIBMも、アプリケーションサーバーを作っていた。
それが、この買収により、Oracle先行、IBMがそれに続く、という構図になると考えられる。

かつてIBMは、Eclipseという開発ツールを作り、それをオープンソース化したことがある。
SUNは、自身の持つ開発ツールに対する侵害と受け取り、Eclipse開発チームには参加しなかった。
いまや、JavaのコーディングはEclipse無しではやっていけない、という状況である。
このあたりの状況も、もしかしたら変わるかもしれない。
IBMの開発ツール対Oracleの開発ツール。こんな競争が始まる可能性も、大だ。

それにしても、Eclipseとは非常に意味深な単語である。
Sun(太陽)に対する、日食(Eclipse)。
考え方がすごく鬱っぽく、嫌らしくて、好きだ。


さて。
鬱なるSEは、どう立ち回るべきなのか。
取り敢えず、両刀使いでいるべきだろう。
製品技術・知識はともかく、どちらも志向するところは同じだ。
「どちらでもできますよ」と、手もみをしながら、大きな会社のまわりをうろうろする。そういう心構えでいるべきであろう。

あ、いつもやっていることか。じゃ、いいや。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

シカゴ「長い夜」

ChicagoChicago
Chicago



25 or 6 to 4
-------
Waiting for the break of day
Searching for something to say
Flashing lights against the sky
Giving up I close my eyes
Sitting cross-legged on the floor
Twenty-five or six to four
-------


超意訳:長い夜(松山千春ではない)
-------
夜明けはまだか
言葉が出てこない
星がまぶしくて
目を開けていられない
床であぐらをかく
午前4時まで、まだ25、6分もあるのかよ
-------

というわけで、この歌は、不眠症か、早朝覚醒を切々と嘆いた歌だ。
シカゴ万歳。


ところで、シカゴって、まだ解散していないんだっけ?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

日曜日の鬱をぶっとばせ

最近の2記事『抗鬱剤で人殺し』『鬱が痴漢冤罪事件にもの申す』において、数多くの女性の皆様から熱いコメントを頂き、腹囲100cmメタボリックストラグラーは厚く暑く、御礼申し上げます。

え?漢字が違う?
厚かましく暑苦しく、ということなんですが、合っていますでしょうか?

本ブログ開始史上最大のモテ期です。
鼻の下をおもいっきり伸ばし、大変有意義な妄想週末を過ごさせていただきました。
このブログ、まだ妻にはばれておりませんので、愛のコメント等もどしどしお寄せくださいませ。
愛のリンク、愛のトラックバックも、妻帯者ではありますがフリーです。

意味が自分でも分からなくなる前に、本題に移ります。



「あ~あ、明日、会社行きたくねえなあ」

最近、こう思う日曜日の夜が、少なくなってきたような気がする。
いつからだろうか。

三男の出産の関係で、母が2ヶ月間ほど上京してきていた頃は、けっこう「鬱々」だった気がする。
多分、母が郷里に帰ってからだな。

マザコン?いやいや。
答えは、もっと簡単なところにある。

土日が、やたらと忙しくなったからだ。
朝早起きして、長男次男の世話をするのが、僕の役目になった。
日曜日の朝、少し離れたところにあるスーパーのタイムセールに行って米を買ってくるのも、僕の仕事になった。
昼食で、たこ焼き&もんじゃ焼きという、和洋ならぬ東西折衷料理を作り、子どもの拍手喝采を浴びるのも、僕の大事な役目となった。

妻は、三男べったり。
小学校に入学した長男は、めきめきと、しっかりしてきた。
次男は、赤ちゃん返り中。
それでも、みんなで公園に行ってサッカーを始めると、夢中になる。

仕事のことを考えている暇がない。
家族のことをちからいっぱい考え、笑い、遊び、そして叱る。
風呂でも遊び、布団に入って寝る直前まで、げらげら笑っている。

テレビもみんなで見て、大笑いする。
毎週楽しみにしていた「トムとジェリー」(TOKYO MXテレビ日曜午後7時~)が、今日、突然最終回打ち切りになってしまった。来週から、「フランダースの犬」だそうだ。子どもと一緒に見て笑う番組ではなさそうだな。

そうそう、僕の家族はそれだけではない。
金魚が数十匹(いまだにきちんと数えたことがない)に、カブトムシの幼虫が、これまた数十匹。
こやつらの世話もしなければ。


あっという間に、この時間。
「あ~あ、明日、会社行きたくねえなあ」
そんなことを考える暇なんかない。

また、明日から仕事頑張ろう。
そして来週末、またはじけよう。
いまから、楽しみである。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。