スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキシル断薬の中断

昨日、ちょっとだけパキシルの世話になることにした。
神経症状が強くなったのと、少しイライラが強くなってきた感覚があったからだ。
これがピークを超えると、鬱っぽくなる、そんな予兆があった。


ほぼ2週間ぶりに、薬の袋から、パキシルを取り出す。
おお、懐かしい。
パキシルを1錠取り出し、カッターナイフを慎重に入れていく。
半分に割り、またその半分。
4分の1錠を、口に放り込み、水で流し込んだ。

ふう、あああ、飲んじゃった。



2時間後。
なんと、スッキリ。
やっぱり、劇薬、である。

でも、4分の1錠で、何が変わるんだ?という気もする。
ある種のプラシーボ効果なのかもしれないな。



また、懲りずに、減薬・断薬のチャレンジを続けてみたいと思う。
感覚としては、あともうちょっと、なんだよなあ。
スポンサーサイト


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

断薬後初のパキパキ

断薬してから、10日余り。
今になって、パキパキが出てきた。
さあ、どうしよう。

パキシルを復活させるか?
いや、まだその段階じゃない。
薬をやめたら禁断症状が出たのでまた薬を始める、っていうのでは、ただの依存症でしかない。
そもそも、パキシルという薬を飲むことで期待する効果は、「抗鬱」である。
薬を飲まなくても鬱状態にならないのであれば、薬は不要、ということになる。
だから、もう少し頑張ってみてもいいのかな、と思う。

せっかく10日以上やめられたのに、ここでまた始めるのは、なんだか悔しいし。
これが本音。禁煙したときの感覚と同じかも。

あ、実は、禁煙2年になりました。おめでとう。ありがとう。
最近は、吸いたいなどと思うことが、まったく無くなりました。



肝心のパキパキのほうだが、それが元で何も出来なくなるようなひどいものではない。
「今日は少し暑かったからな」とか「少し働きすぎたかな」といった程度の、軽いめまいに近いものだ。
事前に、少しずつ減らしておいて、良かった。

パキシルを大量摂取していた頃、1回でもパキシル飲み忘れると、もう錯乱しそうなくらいのパキパキに襲われていた。
電気信号みたいなパリパリ、パキパキ、ピリピリが、顎、首から頭にかけて、びやびやびやっと上がってきたものだ。
鬱だとか、そういうものとは明らかに違う神経症状だった。

やめられるものなら、やめたい。
このまま、いい感じでおさまってくれ。



様子を見ながら、このまま断薬を続けてみることにする。

あ、なんだか、ふらふらしてきた。
(ただの眠気です)


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

断薬前後の寝つきについて

抗鬱剤パキシルを絶って、10日目くらい。
断薬前後で明らかに変化している点が、1点。

寝つきが抜群に良くなっている。

いつもなら、布団に入って読書灯をつけて、30分程度本を読んで、「ああ、そろそろ寝なきゃな」と思いながら本を閉じ、目を閉じ、さらに数十分かけて眠りにつくような感じである。
日によっては、数時間経っても眠れないこともある。

それが、ここ最近では、いつものように読書灯をつけて、本を開いて数ページも読まないうちに、気が遠くなる。
眠りに落ちる寸前に、何とか読書灯を消し、そのまま寝てしまう。



ちょうど、梅雨明けして猛暑になった時期とも重なっているので、もしかしたら薬とはぜんぜん関係ないのかもしれない。
もう少し様子を見る必要があるだろう。
思い切って、「薬をやめてよかった」と思い込んでしまうのも良いのかもしれない。
実際、少しはそう思っているのだし。





今日は家族でレンタル屋に行って、夏の帰省ドライブで聞く音楽CDを大量に借りてきた。
子供が借りたのは、もちろん、ポケットモンスターの音楽のCD。
妻は、ケツメイシ。
僕は、懐メロ。
マイケル・ジャクソンと、ニルヴァーナ。

さあ、どんなドライブになることやら。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ええと、断薬。

減薬』という記事を書いたとき、たしか既に、パキシルを3日間ほど飲んでいなかったと思う。

パキパキパキっと脳みそが言い始めたら、パキシルを飲もう、と思ってから、もう5日経つ。
頭が、パキパキしない。
1週間以上、パキシルを飲んでいない。

大丈夫か?俺

いまのところ、大丈夫のよう。



薬の禁断症状が出るかな、とも思ったけれど、それっぽい症状は、まだ出ていない。
気分的なものだろうか。飲んでいた頃より、落ち着いた気分が続いている。
イライラしない。
沈んだりすることもない。

面倒な打ち合わせも、適当に乗り切ることが出来た。



もう少し、この状況を続けてみようと、思う。
何かあれば、逐一ここに報告をしていく。
ちょっとした実験だ。
皆様のお役に立てるような状況になれれば、それでいいかな、と思う。



だめになったら、また薬を飲めばいい。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

打ち合わせでスポイルされる僕

つまらない打ち合わせが、2日、続いた。
明日も、打ち合わせの続きがある。

つまらないくせに、いろいろと責められる。
相手が客だから、まあ、黙って聞いておいてやる。
それでも、身に覚えの無い責め苦については、少しだけ、反抗してみる。

ひとつひとつの相手の主張は、まるで痛くも痒くもない類のもの。
要は、相手のわがまま。
僕は、「カネさえもらえれば、やりますよ」といった雰囲気を、じわりと滲み出す。

そんな打ち合わせが、昨日から、のべ10時間。
ひとつひとつの、どうってことないわがままが、ボディーブローのように、効いてくる。


明日も、その打ち合わせ、やるんだって。
僕を潰して、何かいいことあるのか? 多分、ないと思うよ。
まあいいや。煮るなり焼くなり、好きにしてくれ。

残念ながら、煮ても焼いても喰えない人間です。僕、という人間は。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

新橋駅

JR新橋駅の、東海道線ホーム。
いつの間にか、発車ベルのメロディーが替わっていた。

「ウィスキーが、お好きでしょ
 もう少し、喋りましょ」

へええ。

でも、新橋の雰囲気って、「ウィスキーが・・・」って感じじゃないんだけど。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

減薬

※決して真似をしないでください。投薬に関する素人判断は禁物です。


数ヶ月前、たまたま、3日間ほど抗鬱剤(パキシル)を飲むのを忘れたときがあった。
4日目に、例のパキパキパキシル感が発症したので、「あ、そういえば飲んでいなかった」と思い出し、慌てて薬を飲んだ。

その3日間、本当に、体調が良かった。
寝起きも良く、寝つきも良く、食事も旨く、便も気持ちよかった。
変な悩みがふつふつと湧き上がることも、なかった。

もしかしたら、たまたま、なのかも知れない。
薬のせいじゃないのかもしれない。

それ以来、薬を飲むのを、2~3日おきにするようにしている。
たまに、体調が悪くなることはあるが、それは、風邪だったり、下痢だったり。
鬱でどうしようもなくなることが、なくなった。



思い込みって、すごいなあ、と思う。
何かで読んだが、鬱病は、プラシーボ(偽薬)が良く効く病気なのだそうだ。

僕にとっては、もしかしたら、薬を飲まないことが、良い薬だったのかもしれない。
でもまだ、結論を出すには早いのだろうな。



一般的に、下手な減薬は、病気を悪化させるだけなので、やらないほうが良いに決まっている。
その危険な過ちとも言える行為を、今、僕は実行している。

薬は飲まないほうが良い、と、思い込んでいるから、出来る行為。
このまま、もうしばらく、様子を見てみようと思う。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

自分の気持ちを垂れ流せる場所

以前、こんな記事を捨て台詞のように書いて、すべてのランキングサイトから脱却した。
励みにならないのでやめました』2009-11-15

でも今日、また、ランキングに参戦することにした。
一体、どういう心境の変化かね。

要は、読んで欲しくなった、ということか。
それにしては、記事数が少ないね。

語りたいことが、増えた?
確かに、増えたかもしれない。
でも、何をどこまで語るべきなのか。どこまでなら許されるのか。
許す許さないを決めるのは、もちろん、僕ひとり。
僕が僕自身を、許せるのかどうか、ということだけ。

体系立てて語れることは、このブログにふさわしくない気がする。
実際のところ、ここ以外に2つ、テーマを絞ったブログを書いている。


ここは、だらだらと自分の気持ちを垂れ流せる場所であってほしい。
前回は、同じ理由で、ランキングサイトから去った。
今回は理由は同じで、行動が逆。


また、いつ脱退するか分かりませんが、そんなときは、また笑ってやってください。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

荒れ模様

もう、やることなすこと、うまくいかない。
まあ、こんな日もあるのだと、思ってみる。

それにしても、程度というものがある。



最近、オーバーワーク気味。
突発処理に追われ、自分の仕事はほとんど出来なかった。
会社を出て駅まで走って、なんとか終電に間に合った。



横須賀線で、人身事故の一報。
終電で人身事故されたら、堪らないよな。
鉄道会社は、乗り継ぎに遅れた人の対処をしなきゃいけない。
タクシー出したり、ホテル取ったり。
下手したら、1億円くらい、あっという間に飛んじゃうんじゃないの?

電車に飛び込んだやつ、弁償しろよな。ったく。



金曜日の終電は、相変わらずの酔っ払いだらけ。
おやじが薀蓄垂れている。
「モチベーションを高める方法を知らん奴が、多すぎるんだよ」
けっとばしてやりたくなる。



客は、相変わらず適当にダメ出ししやがる。
ダメ出しは、もっと真剣にやれよ。
おまえの適当なダメ出しで、平気で100万円くらいの金が動いちゃうんだぞ。分かってんのか?
分かってたら、こんなことにはならないか。



いらいらいらいらいらいらいらいら。


--------------------------

駅の階段を降りるとき、隣を歩いていた酔っ払いのおねえちゃんが、カバンからミネラルウォーターを落っことした。
ひょいと拾い上げ、おねえちゃんに渡した。
「うわっ、おおっ、ありがとぉ~ござまっ」
酔っ払いらしい、お礼の言葉が返ってきた。

今日、唯一、心が和んだ瞬間だった。

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

ポニーテールの日

今日は、7月7日。
ポニーテールの日、なんだそうだ。

・・・・・・。
・・・・・・!?

なんでも、『日本ポニーテール協会』というところが、ポニーテール人気の理由、歴史、文化的価値の考察と21世紀にポニーテールを流行させることを目的として、1995年に、7月7日をポニーテールの日とすることにしたらしい。

どうして、7月7日?
そりゃ、織姫さまが、ポニーテールだったから。

そんな、安直な。
でも、ほんとうの話。

ちなみに、7月7日は、浴衣の日でもある。
浴衣にはポニーテール、という、これもまた安直な発想もあるそうだ。


ま、何でもいいや。
ポニーテール、萌え。万歳。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。