スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断薬中断

今、この時期に断薬をすべきでなかったのかもしれない。
17日と19日に、それぞれパキシル2.5mg(10mg錠の1/4)を飲んだ。
断薬中断。

今週の症状は、以下のようなもの

(1)顎から頬にかけての痺れ
(2)後頭部の髪の毛が逆立つ感覚
(3)不眠・入眠後の1時間おきの覚醒
(4)倦怠感
(5)ひとりごとの増加
(6)食欲不振

夏バテと、鬱と、禁断症状の見分けがつかない。
仕事も、魔のデスマーチスパイラル真っ只中だ。
鬱とは言わないまでも、ストレスから来る神経症状もあるだろう。

それぞれ、何が原因か考えてみよう。

(1)顎から頬にかけての痺れ
 おそらくこれは、禁断症状。

(2)後頭部の髪の毛が逆立つ感覚
 これも多分、禁断症状。

(3)不眠・入眠後の1時間おきの覚醒
 クーラーかけても眠れなかったのだから、暑さが原因ではなさそう。
 鬱か。
 ただ、鬱が原因の、厭な重苦しさは無い。
 やはり禁断症状か。

(4)倦怠感
 夏バテの可能性大。
 鬱の可能性ある。

(5)ひとりごとの増加
 向かいに座っている部下に指摘される。
 仕事のストレス? とりあえず謝っておいた。

(6)食欲不振
 夏バテの可能性大。
 ただ、完全に食欲が無いわけでもない。
 食べようと思えば食べられる。
 精神的な何かが関係しているのか。



本当の原因は何なのか、ひとつずつ薬を飲んで様子を見るなどして、調べたいところだが、あいにくそんな暇が無い。
仕事も忙しいし、早く症状を抑えてしまいたい。
よって、パキシルと、疲労回復の錠剤(アリナミンAの類似品)を、火曜日と木曜日に摂取した。
今日は仕事がないので、ストレス回避にもなる。

結果、今日は妙な神経症状もなく、日常生活も普通に送れ、気分が滅入ることもなかった。
そう。結局、何が原因かは分からないが、なんとなく症状は治まってしまったのだ。
ひとりごとは、知らん。月曜日になったら分かるだろう。

そのうち暑くなくなって、仕事が一段落したら、もう一度原因を考えてみよう。
(デスマーチ中で、仕事が一段落する見込みはまったくないのだけれど)
スポンサーサイト


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

断薬15日目

前回記事で訴えたパキパキの症状だが、いまのところうまくおさまっている。
ただ、きちんと確認しておかないといけないことがある。
間違えると、元に戻ってしまうからな。

ここのところ、軽い神経過敏状態である。
禁断症状なのか、鬱なのか、躁なのか、それとも僕自身の性癖で、一時的なものなのか、判断がつかない。
少なくとも、今のところは、自分の意思でコントロール可能である。

ただ、コントロールしなければならない対象である、ということは、それがストレッサーである、ということでもある。
受け流せば、直接ストレスにはならない。
ただ、受け流す努力を続けるということは、ストレスの原因になる。



やりたいのに、やることでストレスを感じること。
そういうものがあるときは、やることで失うものを考えれば良い。
得られるものと失うものを比較すれば、いい。





えらい抽象的で、スンマセン。
断薬については、いまのところ、ほんとうに順調です。
このままいけてしまうのではないか、とさえ思っています。

さあ、今後、ストラグラーはどうなるのか?
乞うご期待!!

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

再びパキシル断薬11日目

10日ぶりのエントリー。
その間、妻の実家でのんびりゆっくり。
昨日、妻子を残して、ひとり、帰ってきた。
11時間の自動車運転。さすがに疲れた。肩と腰が痛い。

肩と腰の痛みには、デパスがよく効く。
(こういう処方がほんとうにあるそうです)
おかげさまで、今朝はすっきり、目が覚めた。



7月30日に、パキシル1/4錠を飲んで以来、再びパキシル断薬を開始した。
いまのところ、軽いパキパキはあるが、それ以外の症状は無し。
このまま、もうしばらく様子を見ることにする。


明らかに変化したこと:いらいらしなくなった。

長距離運転をしていて、「かーっ!!」となることがなかった。
ハンドルを握ると凶暴になっていたのだが、今回は、そういったことがまるでなかった。
トラックの大群に囲まれながら、ひたすら時速80kmをキープ。

今日も、本屋のレジに並んでいる最中、オバチャンに列を割り込まれたのだが(向こうにはまるで悪意なし)、ああもうしゃあないなあ、どうぞどうぞ、といった気分で、諦めた。
店員さんのほうが恐縮していたなあ。

そのほか、色々なものを、冷静に判断できているような気がする。
守るべきもの、捨てるべきもの、頑張るべきところ、手を抜くところ。
落ち着いて判断することが出来る。

躁のときのような、「人生をドライブしている感覚」とも違う。
自分の足で歩いている感覚がある。

念のため、妻にも確認。
「ずいぶん安定しているんじゃないの?」との答え。



軽いパキパキ感を除けば、極めて、穏やかである。
明日から仕事。頑張ろう。

反動が来ないといいなあ。
といっても、反動が来たところで、大きな問題ではないけれど。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。