FC2ブログ

鬱になったSE

ブログタイトルにもあるとおり、ぼくはコンピュータシステムを開発する会社に勤めるSEだ。
今まで、いくつかのプロジェクトを、立ち上げから導入、保守まで携わってきた。
小さなプロジェクトではあったが、マネージメントもしてきた。


ぼくの病気が表に出始めてきたのは、ある客(会社)の担当になってからだ。
始まりは、今から2年ほど前のこと。
どんな客(会社)か、すごく簡単に説明すると、
「社員が自由に発言できる、またそのために、社員個々の発言が非常に軽い会社」
自分の発言に責任を持たず、言いたいことをとにかく言ってしまうことを善しとする会社なのだ。
その発言が文書化され、記録化されることも厭わない。むしろそのことを喜ぶ。なぜなら、記録化により自分のステータスが上昇し、かつその発言が軽いため、重大な結果を招くことがないからだ。
仮に、重大な結果を招きかねない状況になったときにも、彼らは逃げ口上を持っている。
「当時とは状況が変わったのだ」
決して、謝ったりすることはない。

こんな客は、はじめてだった。


コンピュータシステムを作る作業というのは、普通、以下のような作業を、ひとつずつステップを踏んで実行していく。
 ・客に課題を抽出してもらう。
 ・客の現状・課題点を整理・理解する
 ・それら課題点を打開する方策を決める
 ・その方策のなかでの、コンピュータシステムの位置づけを決める
 ・機能・価格の交渉をする。
 ・それが将来的にどう客の利益になるかを判断する。
 ・コンピュータシステムを作る。
 ・導入後、どう客の利益になったかを判断する。
ひとつのステップは、その前のステップで決めたことを前提としなければ、当然意味がない。
前提が狂うと、何のためのコンピュータシステムなのか、分からなくなってしまう。
だから、客もこちらも、決定・決断の連続だ。
ただ、これらが長期間になってしまうと、当初の課題と今の課題の間にずれが生じることは多々ある。
社会情勢は常に変化するからだ。
これを防ぐために、システム屋ができることは、ただひとつだけである。
「決定・決断を、より迅速にしてもらうよう、お手伝いをする」


だから、何も決めてくれない客ならば、手の打ちようがあるのだ。叱れば良い。ケツを叩けば良い。それでも駄目なら客のせいにしてやめてしまうことだって出来る。
でも、社風として口が軽い会社って、どうすれば良いのだろう。
まとまらないのだ。まとまったと思っていたことが、実は、まとまっていなかったりするのだ。


ぼくが頑張れば頑張るほど、状況はおかしくなっていく。
どこに立脚して仕事を進めていいのか、分からなくなっていく。
客の金払いは良い。利益率は相当なものだ。
上司に相談する。
「稼げているからこのままで行け」
それは、これから先もずっと稼ぐために、身を削っていきなさい、ということなのか。
身を削って、この仕事から何を得られるの?
すべてを自分の責任にされている気がした。
自業自得であると、言われている気がした。

こうして、ぼくの心は折れた。ぼきっ。


一度目の休職のあと、上司に訴えた。
上司は謝りながら、おまえは真面目だなあ、とからかった。
客が責任を取らないのであれば、こちらも鼻くそほじりながら仕事をすればいいじゃないか、ということのようだ。

それが出来る人間が、「鬱にならない人間」なのだろうなあ。
「しょうがないじゃん」と諦められる人間なら、鬱になんかならないのだろうなあ。
そういう人は、そういう性格と、自分のアイデンティティの因果関係について、悩んだりしないんだろうなあ。
「鬱にならない性格になったら、ぼくはぼくでなくなってしまうのではないか」なんて考えたりしないんだろうなあ。

ああ、めんどくさい。

---今日の測定結果(カッコ内前々々日比)
体重:80.2kg(-0.4kg)
体脂肪率:30.0%(±0.0%)
腹囲:未計測
コメント:特に記述すべきことはなし。
関連記事


テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】