FC2ブログ

いやあ、初夏ですなあ

2月に24度?
普通じゃないでしょ。

こう、突然ぽかぽか陽気になると、意味もなくふらふらと近所を散歩してしまう。
同じようなことを考える人(何も考えない人?)は多いようで、隣の奥さんが子どもをだっこしてふらふら、虫取り網を持った子どもが、虫がいないとふらふら。
公園に行くと、親子連れが3、4組。うち半数以上が半袖。
親の3人に2人は、マスク着用。
梅、花粉症?』で、花粉症疑惑の持ち上がったぼくであるが、今日は何ともなかった。
妻は、鼻と目に来たようで、花粉シーズンは到来したようだ。

ということは、ぼくは花粉症ではなかったのだ。喜ぶべきことである。
ぼくは、このままずうっと、花粉症の人の気持ちが分からない人間でありたい。


ところで。
ここ半月ほど、なんだか「生きることの意味」なんていう難しいことを考え出すようになっていて、ああでもない、こうでもない、と思索を巡らしているのだが、今日のこの天気と、ぼけっと歩いているご近所さん、公園で腑抜けたようになっているお父さんお母さん、やたら元気な子どもを見ていると、そんなことを考えているのがとても馬鹿馬鹿しく感じてしまう。ぼけっと生きていれば、それでいいじゃない。
こんな天気の日は、それでいいのだ。

寒くなって、寂しくなったら、どうせまた鬱っぽくなるのだろうから、そうしたらまたきちんと考えることにしよう。
鬱という字も常用漢字の仲間入りをするようだし、きちんと書けるようにならないといけない。

木缶木
 ワ
※ ノ
凵 ノ
ヒ ノ

である。
とりあえず、今日は、ぼけえっとしているのが最適の一日であった。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

仙台も16度でびっくりでしたが、24度って沖縄みたいですね。

「生きる意味」はずっと考えていましたが、今でも時々頭をよぎります。
でも考えても答えが出ないし、将来のことを考えすぎると悲観してうつが悪化するだけなのがわかったので、深く考えないようになりました。

考えるのは、うつを治すにはどういったのが良いのか、ということだけにするようにしています。あとはうつを治して、今度は同棲じゃなく、結婚して彼女と暮らすことを夢見るようにしています。

返信>ひろせんさん

実は、西暦2000年を挟んで数年間、仙台勤務をしていたことがあったのですが、朝1センチ積もった雪が夕方になっても残っていたのが印象的でした。
夏は涼しくて、いいところですよね。それにしても16度とは。

ある種の考えが鬱を悪化させることは間違いないのですが、ただ、いつもずっとそうではなくて、調子のいいときは、きちんと考えることで、逆に前向きになれることがある、と、ぼくは考えています。
ん~、上手くいえないなあ。←上手く言えれば、きっと鬱は卒業ですね。
それと、結婚式決まったら秘密コメントでご連絡ください。電報打ちますので(笑)
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】