FC2ブログ

音楽の睡眠導入効果

妻は育児疲れ。
母は買い物疲れ。
長男は遊び疲れ。
次男は叫び疲れ。
三男は泣き疲れ。
ぼくは仕事疲れ。
全員、目の下にくまさんが出来ている。

今日は、日中テレビ禁止とする。
昼食後、おいしいコーヒーを淹れる。
こんなときに飲むコーヒーは、まちがいなく眠気を誘う。

こっそり、CDをかける。
音量は小さめ。

1枚目。
ヴィヴァルディ/協奏曲集<四季>ヴィヴァルディ/協奏曲集<四季>
フェデリコ・アゴスティーニ/イ・ムジチ合奏団


なんというか、定番、ですな。
最近は、刺激的な、前衛的な演奏も流行っているようだが、イ・ムジチ合奏団の安定感、定番感、「これが基本」という感じが、眠りを誘う。
他の前衛的演奏は、このイ・ムジチの演奏をいかに崩すか、というところから始まっているようでならない。「四季」といえば「イ・ムジチ」。「イ・ムジチ」といえば「四季」。
これ以外の四季は、たまに聴くのには良いが、聴き続けようとは思わない。
そんなときは、口直しに、これを必ず聴きたくなる。
四季は、イ・ムジチに始まり、イ・ムジチに終わる。

次男は、「夏」の3楽章が、お気に入り。
つい先日4歳になったばかりの坊主が、連続する下降音階を、口真似する。



このCD終了時点で、妻、長男、三男が寝た。
(三男は、ずうっと寝ているだけだが)
残る次男と母を寝させるために、別のCDを出す。

バッハ:カンタータ第80番&第147番バッハ:カンタータ第80番&第147番
リヒター/ミュンヘン・バッハ合唱団他


147番のほうは、有名な曲だ。
「主よ、人の望みの喜びよ」といったほうが分かりやすいか。

こういう曲を聴くと、ああ、バッハの音楽って、宗教音楽なんだなあ、と、改めて思う。
でも、クリスチャンでなくてもいいのだ。
音楽を聴いて眠くなり、寝てしまう。
音楽の効能。

そして、ぼくを除いて、全員、寝た。


ぼくひとり起きているのもつまらないので、妻を起こす。
おやつの時間だ。何か食べたいよう。

そのうち、全員、ぞろぞろと起き出した。
おやつの力は強い。
全員食卓に集合。おやつに手を伸ばす。
CDは、いつの間にか終わっていた。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
つかれたときはTVなんかけして、静かな音楽のCDが最高の薬ですね。
バッハはキリスト教徒ではない私にも大きな癒し効果がありますね。なんかホッとできる、というか。
皆さん、リフレッシュできましたか?

応援して帰ります

はじめましてゴン太といいます

いつも、ゴン太の日記回覧ありがとうございます

応援ポチッとして帰ります

これからもよろしくです

返信

>見張り員さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
音楽のおかげか、それとも睡眠のおかげかわかりませんが、みんなスッキリしたようです。
ぼくは寝ていないので、間違いなく音楽のおかげでしょう。
テレビのない生活に戻ることは出来ないでしょうが、一時期テレビを絶ってみるのはいいことかも知れませんね。

>ゴン太さん
ええと、貴殿がここに書き込むの、3度目です。
IPアドレス、ハンドルネームが一致する、赤の他人がいれば、別ですが。
記事に対するコメント、何かありませんか?
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】