FC2ブログ

病院を変えたら?

最近、「病院を変えてみたら」と、よく言われる。

どうして?と聞くと、理由はさまざま。

1.症状に変化が無いから
2.ひとつの医者にずっとかかるのは、よくないぞ
3.別の医者の見立ては必要
4.話を聞いていると、おまえのところの医者はおかしいぞ

先日のテレビの反響が大きいのと、やはりぼくのことを心配してくれているのだろう。
有難いことだ。

1については、症状は刻々と変っているのだが、それをぼくがなかなか表に出さないようにしている、というところが大きいと思う。
妻に言わせると、「毎日違うよ」だ。扱いに苦労しているようだ。
いつもすまないねえ。

2、3は、明らかにテレビの影響だ。
あるいは、その人の信条というか、やりかたなのだろうな。

4は、おそらく、ぼくの喋り方がよくないのだと思う。
昔からの医者嫌いで、どんな名医にでも、ぼくは悪口を吐ける。
いまの医者も、よく言えばクール&ドライ。悪く言えば事務的。
(クール&ドライな精神科医って、どうなんだ???)

ただ、どちらかというと、悪くない医者だ。
薬の種類は少ないし、説明は簡潔明瞭。薬の量は、患者が指定できるし。
おそらく、ぼくを見て、「多めに薬を出しておくから、あとは自分で調整しなさい」と言えば出来るのだろう、と判断したのだと思う。
きみは、やれば出来る子だ。がんばりなさい。
ってな感じ。

よって。
病状が新たなステージに昇格(降格?)しない限り、いまのままでいこうと思う。
ご心配いただいた方々へ。そういうわけですので、悪しからず。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ですよね

私も、ありがたいことに心配してくれる人は同じことを言います。
そして、私も「これ以上悪くならなければ病院は変えない」に行きつきます。

私の場合、今の医者よりもいい医者を探す努力ができないし。
そんな努力をするくらいなら、一日中寝ていますね。きっと。

私の場合、病院に通っていた時点から、いつまでもつのか不安に思いながら過ごしていたんですが、それでも時間をかけながら大分落ち着いてきました。

それはともかく、結局のところ、お医者さんが気にいるかどうかなんですよね~。
きっと。

返信>toshima_gさん

ですよね(笑)

鬱って、そんなに医者を変えるほど暇じゃないんです。
そうとうな努力と根性がいるんです。
病状が安定している以上、医者を変える根拠は何も無い、これが結論。
病状が悪化の一途を辿れば、もちろん別の話ですが。
医者も、妻も、恋人も、相思相愛がいちばんなんでしょうね。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】