FC2ブログ

金曜日業務終了

今日は金曜日。
今週中にやっておきたかった仕事は、とりあえずクリア。
来週前半は、今年度中にしておかなければならない仕事の最終チェックだ。

家に帰って、ビールを流し込む。

いまの感覚、すごく正常に思える。
鈍感でも過敏でもない、高ぶってもいない、落ち込んでもいない。
もしかしたら、ひさしぶりかもしれないな。

仕事は、いまのところ、とても充実している。
この不景気による、将来に対する不安は、もちろんある。でも、日々の労働という観点では、僕自身のスキルレベルに、ものすごく合致しているように思う。
「頑張れば実現可能」なレベルの仕事。
目の前の業務に夢中になり、時の経つのを忘れることさえある。
労働時間も妥当だろう。
9時に出社して、この時間(22時)には自宅でパソコンに向かえるような時間には帰れる。


なのに、である。

家に帰ると、どっと疲れが出てくる。
布団に入ると、ほとんど考える間もなく、眠りに入ってしまう。
そして、翌朝、起きられない。

起きたくない。
仕事に行きたくない。


今日、こうしてパソコンの前に向かえているのは、明日が土曜日だからだろう。
明日、仕事に行かなくていい、と思うと、すごく楽な気分になる。

会社で自分の存在を認められている。
また、日々の働き甲斐という点では、申し分ない環境まで与えてもらっている。
ほぼ、自分の希望に合った業務をさせてもらっている。
人間関係も問題ない。

頭で考えても、なぜ、仕事に行きたくないのか、分からない。
そして、仕事に行きたくないと思う自分に、腹が立つ。

「病気のせい」と、片付けるべきなのだろう。そうすることで、楽になれる。
でも、それでは何も収拾しない。感覚にズレが生じたまま、大切なものを放棄することになる。
望んで手に入れた職場環境、それは、望まれて与えられた環境でもあるのだが、この環境を放棄せざるを得ない状況になることを、恐れる。
「病気である」という理由で、いまの生活、仕事を奪われる。
前科があるから、そのあたり、余計に神経質になってしまう。

やりたいと思っていることを、やりたくないと思わされながら、しなければならないのか。
これから先も、ずっと?



やっぱり、書かないほうが良かった?
いや、そうでもないだろう。自分の気持ちを形にすることが出来たのだから。
それが、ただのマスターベーションだったとしても、書かないよりはマシだ。

もしかしたら、あまりにも「読者」を想定し過ぎていたかもしれないな。
いままで、「読んでもらう価値のないものは、自分の手帳に書けばよい」という考えだったが、それを改めることにしよう。
価値は、僕が決めるものではないから。

あ、でも、毎日は書きませんよ。そんなにネタないので。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】