FC2ブログ

禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡(2)

禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡』のつづき。

パッチを外した。


・・・・・・

ぼくは電車のなかにいた。

目の前に座っている人が、頻繁に脚を組み替える。
そのたびに、ぼくのズボンの裾に、その人の靴があたる。

場所を変え、ドア付近に立つ。
後ろの人のひじが、ぼくの頭に当たる。こつり。
何事かと振り向くと、その人は本を読みながら、遠くの手すりを探していた。

途中駅で、降車客が多いので一旦ホームに出る。
僕の頭にひじを当てた人は、まったく避けようとしない。
降車客が全員降り、ふたたび電車に乗る。
その人はドア付近の壁に寄りかかり、脚を投げ出している。
その脚をまたぎ、奥へ進む。

隣に立っている人が、頻繁に舌打ちをしながら、携帯でメールを打っている。

遠くで着メロが鳴る。なかなか鳴り止まない。


やっとのことで、最寄り駅に着く。
改札を出ようとする。
前の人のところで、自動改札の扉が閉まる。
「乗車券をお確かめください」
すぐ隣のレーンに割り込む。

後ろで舌打ちが聞こえた。
立ち止まり、振り返り、そいつの顔を睨みつけた。
そいつはすぐに別のレーンに移った。


・・・・・・

仕事で、トラブルが相次いだ。
あっちのシステムから、こっちのシステムにデータを転送する仕組みを作ったばかりだった。
ぼくは、こっちのシステムの担当だった。
あっちのシステムから、変なデータがやってきて、こっちのシステムが異常を検知し、止まった。

客とともにあっちのシステムを作った会社に乗り込み、そこの担当者の頭を下げさせた。
でも、こっちのシステムを直した。
その直した部分で、またトラブルが起きた。

あっちのシステムを作った担当者よりも深く、客に頭を下げた。


・・・・・・

会社で、業績評価面談があった。
鬱になりながら、身を削って会社に貢献したことをアピールした。
給料下がった。


・・・・・・

ビルの屋上で、ひとり、ぼおっとしていた。
給料下がって、どう生活していくか、ぼんやり考えていた。

いい方法を思いついた。
これなら、家族に生命保険が入るし、禁煙も続けられる。


・・・・・・

同僚に、普段はぼおっとしているくせに、変なことに極めて敏感な奴がいる。
そいつはぼくを見て、「こいつ、目がおかしい」と思ったそうだ。


・・・・・・

そしてぼくは休職をした。

禁煙4ヶ月半、禁パッチ3ヶ月の軌跡(3)』につづく。
関連記事


テーマ : 禁煙
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】