FC2ブログ

乱文

考え事を始めると、たちまち頭が暴走し、ぐちゃぐちゃになり、まとまらない。
鬱、という病気には、よくあることらしいが、実際なってしまうと、たまらない。

書いた文章を、もう一度読み直して、校正しようと思うのだが、出来ない。
自分で書いた文章なのに、きちんと頭に入らない。


今日、仕事を途中で切り上げ、早退した。
ぜんぜん、仕事にならない。
こんな状態だから、論理の積み重ねで構成されているシステム設計書なんか、頭に入るわけがない。
15時までねばって、「もう無理」と思って、早退した。
とりあえず、「熱っぽいので、病院行ってきます」とウソついた。
「設計書の意味が分からんので、帰ります」とは言えないからな。


取り敢えず、逃げる。
逃げ帰る場所があって、良かった。

家に帰ると、妻がくたびれていた。
長男次男は春休みで、エネルギーを持て余し気味。
三男は、普段うるさい環境に置かれているせいか、静かになると泣き出すという、ひねくれもの。

僕は、居場所を見つけた。

以降、読んでも得るものは何もないので、追記で。

妻が夕食の用意をしている間、長男次男の遊びに付き合い、片手間で三男にミルクをやる。
これを毎日やって、くたびれないわけがない。

夕食後、息子どもを風呂に入れ、歯を磨かせ、寝かしつけ、今に至る。
少しは正常になったか、と思ったが、全然。
こうして書いていても、指が勝手にキーボードの上を滑っている感覚。
自分で、書いていることの理解が出来ない。


自分のブログを少し遡ってみる。
よくもまあ、いろんなことをべらべらと書いていること。
これで、誰かのためになると考えていた?
誰かを救うために書いている気になっていた?
天狗だね。

で、書きたくないのはどうなったんだっけ?
こういうぐちゃぐちゃなのだったら、いくらでも書けるのだから、不思議だ。

ボクハ ウツ デス。
デモ ガンバッテイマス
ダカラ ホメテ クダサイ。

なるほど、鬱気分たっぷりの記事は、書きやすいわけだ。
それ自体が、言い訳になっている。
反吐が出る。



ここまで読んでくれた人。
残念でした。ほんとうに、何も得るものはありませんでした。
また次回、ということで。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

じゃあ、そんな感じで(笑)

お疲れ様です。

私は「設計書を作れる気持ちになりませんので、帰ります」といったことがあります。
周りは大慌てでしたけどね~。
今更考えてみると「すげーこと、言い放ったな>自分」とか思いますけどね。
この直後、2週間の休みをもらいました。
そんでもって、鬱病と診断されました。

こんな奴もいるんですから、仕事で頑張っている分、もやもやがあるんなら自分のブログで書いちゃうのはいいんじゃないですか。
私は、ここのブログは大好きですよ。
なんか、復職すると同じようなことを考えたりするんだろうなとか、仕事している頃はこんな状態だったなとかを思い出すんですけど、それがいやじゃない。
だから、このブログは読んでいて楽しいですよ。

では、またよります

こんにちは。
私も躁うつ病という病気だけど頑張ってます。
たまにはそれを誰かに褒めてほしいです。
(病気に対してがんばっているように見えないから誰も褒めない)
ストラグラーさんの気持ちがちょっと分かる気がします。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】