FC2ブログ

ブログ応援ぽち共済制度

というわけで、カウント10,000も達成したし。
ブログ応援ぽち共済制度について、書いてみようかな。

ちなみに、同じような記事を前にも書いていますので、よかったらそちらもご参照ください。
ポチとか』(2008/12/20)
今回は、これをもう少し過激に書いてみようと。



あし@のコミュニティに、おたがいにポチしあいましょう、だとか、お互いの広告をクリックしあいましょう、といった趣旨のコミュニティが乱立している。
これって、どうなの?
本末転倒でない?
読んで欲しいわけじゃないの? 読まなくても、ポチだけしてくれればいいの?
ブログ業界にしか通用しない、共済制度ですよね。
僕は参加しません。

ブログで世界に情報発信している以上、書いた文章に対しては、読んで欲しいというのが本当のところであるはずだ。結果、良い記事だと思えば、応援ぽちすれば良いし、よくないと思えば二度と来なければ良いだけの話だ。また、それを「ポチ完了」などと宣言してもらう必要もないし、逆にそんなことを書いていると「相互扶助精神でお願いします」と書かれているようで、少し嫌な気になる。

ひどい場合、コメントに「応援ぽち完了」と書いているにもかかわらず、その日の応援は0件だった、なんてこともあった。
あ、「応援ぽち」には、別の意味もあるのかな。

あし@に参加している僕が言う資格はない?
ぼく、あしとも全部断っているし、コミュニティもに参加していないし。
基本的には、「僕のブログを読んでくれている人は、どんな人なんだろう」というところに興味があるだけだ。あと、効果は定かではないがSEO効果。単純にリンクが増える、というだけだが。

ちなみに、記事読んでくれていない、ただ単純に相互扶助精神に則って覗きに来ただけの人は、分かってしまいますから。僕、これでもネットワーク系アプリケーションを作るシステムエンジニアですから。あしあとだけつけて読まずに行くやつ。せめてポチしろよ(自己矛盾)。


まあ、ポチしてくれて、ブログランキングが上がれば、それなりに読者数も増えてくれるので、良いと思えばどんどんポチしていただきたい。
でも、そうやってランキングサイト経由で覗きに来た人が、僕のブログの文章を読んで、「あ、面白い」などと思ってくれるかどうかは、ランキングの上にいるか下にいるかとは、一切関係ない話だ。
そこから先は、僕自身の実力で勝負しなくてはならない世界だ。面白くなければ、二度と見に来ない。面白ければ、後日また見に来てくれる。ブックマークやお気に入りに入ってしまえば、最高である。でも、それだけの話である。
上位でもつまらない記事を書いている輩はたくさんいるし。またそれに踊らされている可哀想な輩(取り巻き?)もたくさんいる。



このブログも、当初計画していた「鬱を克服する」ことを書くブログ、というところから大きく外れ、最近は僕自身のネタで勝負する機会が多くなってきている。恐れ多くも、「ストラグラーって、面白いぞ」ということを目指そうなどと考えているふしもある。
そのほうが、書いていて楽しいし、また、おそらく読んでいても楽しいのではないかと、勝手に考える。


・・・ということを、一生懸命書いても、「相互扶助精神」のみでいらっしゃっている方には、何の効果もないのが残念である。だって、文章読んでくれないんだもん。
まあ、良い。僕のブログのランクアップに貢献してくれ。そして、本当に読んでくれる人を増やすため、努力してくれ。よろしくたのんだぞ、「相互扶助精神」諸君! 読まなくても良いからポチしてくれ。
ちなみに、たまに覗きにいくことがあるかもしれませんが、つまらん記事だったら、お返しポチはしませんので、悪しからず。


世の常識、ブログ界の非常識。
その非常識のおかげで、常識的な方が僕のブログを読んでくださるのであれば、あえてその非常識を否定しません。利用させていただきます。

高飛車? いやいや、「志」です。
そういう人に、僕はなりたい。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は、ストラグラーさん。
僕も全く同じ志です。
でも最近また、ランキングに参加しようかなぁ~なんて思っています。何となく。

ランキングが上がると、いいことは新しい読者が増えることでしょうか~
アフィリエイトをしている方で、ポチだけが目的の人もいますが
それだけではなく記事の感想をくれる方もいるし・・まあ、人それぞれ・・
読んでもらえるならいいなあと思っています。読まない人(ブログにも来てないのに
足跡だけつけている人)はスルーしています。意味がないので。

書き手としての私は、たわいもないことを、いかに切り口を違えて表現するかを
考えて頭の体操をしている感じです。
日常のことを書いているので、そんなに突飛もない劇的なことも起こりませんし
他人様に役立つ記事も書けないので、自己満足ブログです。
それでも読んでもらえれば嬉しいし、ポチしてくれれば、尚うれしいって感じです。

返信

>セスさん
はははは。
ランキング参加の折には、ぽちしに行きますね(爆)。

>らいりさん
ブログ書く動機は、人それぞれですよね。僕も、書き始めた当初とは違ってきていますし。
ただ、より多くの方に読んで欲しい、というところは変わりません。

もしかしたら、アメリカですか?

  こんばんわ。。。。たいへん参考になりました。
  ブログって本来は日記だと思うのですよ。
  日記は人に見せてなかったように思います。「過去のことかなぁ」
  あし@の不思議などもいろいろわたしも調べましたわ
  なぜ、自動ソフトまで使用されている方がいるのでしょうね?
おもしろいです。意見については同感ですわ
  すいません突然の訪問でこのような話をしてしまい
  またおじゃまさせていただきます。

返信>さよちゅうさん

こんばんは。
本件、いろいろ考えたものを纏めると、一冊の社会学の教科書ができそうですね。
手段が目的化しているあたりなんか、心理学なんかも混ぜ込めそうです。
またいらしてくださいね。

時々しか訪問できずすみません。

ストラグラーさんの記事全部を読むことはさすがにできなくて、ずっと気になっていたのですが、
ストラグラーさんは、「うつ病」なのですか?
それとも「双極性障害」(いわゆる躁うつ病)なのですか?



返信>さくらさん

こんばんは。
ズバっと来ますね(笑)

今まで、「双極性障害」という診断をもらったことはありません。
処方してもらっている薬や、それによって症状が改善している点から考えても、「鬱病」ということで間違いなさそうです。

ただ、以下、勝手な推測ですが。
僕自身、純粋な「鬱病」である、という自信は、ありません。まれに、病的に「躁」な状態になることがあります。それは薬のせいかもしれないし、そうではなくて、病気なのかもしれない。どちらかは分かりません。
意図的に抗鬱剤の量を減らし、睡眠導入剤飲んで寝ると、すぅっと治ったりします。
いずれにせよ、「躁」のほうは、自分でコントロール可能な範囲でとどまっています。

以上、わけわからん説明でごめんなさい。

わけわかんなくないですよ。
でも、それはもしかして双極性障害2型(2はローマ数字で書くんだけど機種依存文字だから)ってことかもしれません。

こっちのブログで参考になる本を紹介しているから読んでみてください。
ついでに拙書をお買い上げいただけると大変嬉しいですけど。

あと、先日URIって書いたのは、コメントする欄にURIって書いてあったから、?と思って(URLだと私も思ってましたよ)検索して調べたんです。

そんなにすごくないですよ。

Re: タイトルなし

「2」の部分、僕は「I」を重ねます。双極性障害IIIIII型、みたいに。
でも、「II型ではないか」の件、なるほど、です。
ひどくならないうちに、しっかり自覚しておいたほうが、今後のためかもしれないな、と思いました。
本、読んでみます。

URIの件、今、僕も気がつきました。ほんとだ、URIになってる。びっくり。

今、すごく辛い時期ですよね?
それなのに、こんなところに来て、人の病気の心配までしてくれて、有難いというか、そんな場合じゃねえだろ、とでも言いたいような。
続きはそちらにお邪魔して、書きますね。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】