スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あるがまま」って何だ?

「あるがままでいいんだよ」って、何だ?
別に御託を聞きたい訳ではない。
「あるがまま」って、一体何だ?
説明が欲しいのだ。

理解できていれば、最初から悩んだりはしない。
実感として分かっていれば、そもそも悩む理由が無い。
そおいうことに対する理解力が欠如している人間が、心の病で悩んでいたりするわけだ。

「あるがまま」「あるがまま」「あるがまま」
念仏のように唱えたところで、それは、いつかどこかで見た宗教と大して変わらない。
「救い」ではなく、ただの「洗脳」でしかない。

僕は、ただ、理解したいだけなのだ。
「あるがまま」って、何ですか?
批判的に、攻めてみたい。



言葉の意味から考えると、「あるがまま」=「現在の状態のまま」ということである。
メンタルヘルス界においては、この「現在の状態」を、語り手側に都合よく解釈するのが主流である。
すべての責任を、聞き手に押し付け、語り手は去っていく。素晴らしい逃げ文句なのだ。

たとえば、死にたいと考える人にこう言ったとしよう。
「そう考えるあなた自身を認めよう」
「今のあなたで、充分」
「あなたがこれから何かをしなければならない理由は、なにもない」
なんだか、立派そうに聞こえる。
でも、誰も何も解決してくれていない。

よっぽど、きつい言葉でびっくりさせ、実力行使したほうが為になる。
でもって、びしばし鍛えてやる。

そもそも、だれがどう「あるがまま」かどうかを判断するのだ?
その基準は?
自分があるがままだと思えば、それで良いのか?
それが反社会的なことであっても良いのか?
よくないよな。
だとすれば、その判断基準が、どこかにあるはずだ。それは、何だ?

結局は「現状」と「常識」で判断するしかない。
でも、メンタルヘルス系人間は、往々にして現状認識能力と常識判別能力に欠けている場合が多い。
だから、周囲の協力が必要なのだ。
きちんと、自分の状況を、常識的に正しく把握し、正しい助言をしてくれる人が必要なのだ。
そういうことを商売にしている人を、「医者」と言う。
無償でやってくれちゃう人を、「家族」「親友」と呼ぶ。



というわけで、「あるがまま」でいいとは決して思えない僕は、「あるがまま」の代わりに、以下の言葉を念仏のように繰り返し、実行する。
「現状を知れ」
「常識を知れ」
「対策を考えろ」
「実行し、後悔しろ」
腹筋トレーニング、ウォーキングのようなものだ。
贅肉を落とし、精神を鍛え上げる。筋肉痛になったら、休む。
もちろん、その側には、家族がいる。

そうやって考える自分を、「あるがまま」として受け入れる。
現状に満足するのは、「あるがまま」とは言いたくない。
これが本当のところに近いんじゃないかな。
これが僕の、「あるがまま」。

皆さんの「あるがまま」って、何ですか?
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「あるがまま」って何だ

仲良く眠る時間はすごく大事! 今日はてんかんの続きを一旦お休みして、興味深い問題をピックアップさせていただきます。 ゆ~でも...

コメントの投稿

非公開コメント

私のあるがままは

「自分の持てる荷物の量と、他人が持てる荷物の量を知る」ってことなのかなぁ、と考えました。
例えば、家事。例えば、仕事。例えば、趣味。
やりたいこと、やれないこと、やらなくてはいけないこと。
どれから初めて、どのくらい持てるかな?どのくらいだったらパンクするかな?
そんな感じです。

例えば、今死にたいと思う人がいるとして。
その人は「何もできない」という自分を受け入れている。
でも、身近な人が「あなたがいないと荷物が持てない」といったら。
自分がいなくなることで、誰かの大切な荷物がなくなってしまう可能性は。

そんなことなのかなぁと思いながらも難しいですね。

こんばんは☆

一読して、こう思いました。
…言葉って、難しくって面白い…

再読しました。

わたしの考える「あるがまま」です。

怠けたい気持ちも、意地悪な思いも、ねたみそねみも、、、
マイナスの感情、負の思い、認めたくない気持ち、、、
そんなものも、
自分の中に確かにあると認識することだと思います。

だからと言って、
怠けたり、意地悪したり、嫉妬に燃えたりしていいとは思いません。

そこ(認識)から自分が(現状)見えてくる。
社会生活(常識)をうまくやっていきたいから、
どうすればいいか(対策)も考える。
考えた方法で生活(実践と失敗とたまに成功の繰り返し積み重ね)していく。

ざっとこんな感じです。
ストラグラーさんのお言葉も、お借りしました☆


今日は夫の誕生日です。
夕飯が自宅でとれないため、朝食でお祝いしますv-354
パッパとたべられるよう巻きずしです♪
少しパソコンを触ってから準備ですv-355
自分の話でした。。。

今日は

いつも文章面白いですよね。

『あるがまま』 『自然体』 『未来』 『らしさ』・・・

嫌いな言葉達です。


だってそれが何かわからないんだもん。


不況で突然仕事が激減して、ネットを駆け巡っていました・・・ 

あるがまま???=そのまま???
順位横の画像はプラレールですか?
v-254

返信

>やさん
荷物の例え、面白いですね。
自分のペイロード(最大積載量)を知る。他人のペイロードも知る。補えるところは補う。
すごく素敵な考え方だなあ、と感心してしまいました。

もしかしたら、僕は、今の自分のペイロードを増やしたいと思っているのかもしれません。
もちろん出来ることしか出来ないのですが、それでも限界ぎりぎりまでは行ってみたい。
筋肉痛(鬱再発)で倒れないように、注意しながら。

>メタボでべそさん
自分がどういう人間であるかを知る。
大切なことだと思います。同時に、すごく大変なことである、とも思うのです。
僕自身、心の病気になってはじめて実行できたのかなあ、と思っています。
・・・あ、それじゃあ本末転倒だなあ。
でも、病気じゃない人は「あるがまま」なんていちいち考えないか。

巻き寿司の誕生パーティーはいかがでしたか?

>丈-take-さん
他の人には分かっていて、自分には分からないもの。
それが、自分に貼られたレッテルなのか、それとも本当の自分なのか。
自分が分からないものを、そう簡単に受け入れることはできないですよね。

不況、お察しします。僕なんかはローリスク・ローリターンのサラリーマンなので、単純比較するのもおこがましいのですが、それでも、会社がつぶれるのでは、とひやひやしています。

>TAKEOさん
であれば、僕はやっぱり「あるがまま」では嫌です。

プラレール、当たりです。我が家の息子達の宝物です。

言葉ってむずかしい
あるがままをうけいれてくれる人ってあまりいないと思う
私自身
周りに気を遣うと 大事なことに気が付かなかったり。。
数年前 そんなこんなで 職場でかなり虐めにあい
(私を辞めさせたいって職員が署名活動をしてました)
今は 人に気を遣わないように 気をつけてます
複雑ですが。。

わたしにとっては、

あるがまま、って、
「いい子ぶってない。」ってことかなー。
でもそれだと生きていけないので、あるがままでは無理無理…って思います。

遅ればせながら

私としては、「我が意のままに」です。
良くも悪くも、形あるものも無いものも、とにかく自分の意志のままにある、ということかな~と思います。

度が過ぎると「わがまま」になってしまいますけれど(^ ^;)

はじめまして

空也と申します。
突然おじゃまして申し訳ありません。

ストラグラーさんの興味深い問いに私も考えてみました。

私は「自分の思考パターンを認識する」ことだと考えます。
つまりは「自分を知る」ということになるのですが。

良い悪いは関係なく過去に溯って客観的に自分を振り返り、ただただ事実を調べることにより
その時々で自分は何を考え何を選択してきたのかが見えてきます。
そしてその延長線上として現在の自分が存在するということが解ります。

過去に何を考え何を選択してきたのかが解れば自分の思考パターンが認識でき、
自分はこんな人間だったのかと気づきます。
過去を認識、理解すること(良い自分、悪い自分すべてを知ること)により「自分を知る」ということになり、それが「あるがまま」であると私は考えます。

これはとても厳しいことだと思います。
過去の悪い自分、嫌いな自分をすべて受け入れることになるからです。
しかしすべてを受け入れてから新しい自分が始まると思います。

説明へたでごめんなさい。(ご理解いただけたでしょうか。)
長文申し訳ありません。おじゃまいたしました。

返信その2

>MOMOさん
「人に気を遣わないように 気をつけてます」の部分、なんだか、分かる気がします。
いや、僕の場合、気を遣うんです。でも、気を遣っていることを気付かれないように、すごく努力している気がします。
気を遣いながら、大丈夫かな?と思いながら、「ばっかやろぉ、くだらねぇこと言ってんじゃねぇよ、ふざけんなよ」と言っている自分がいます(笑)

>伽羅さん
確かに、自分の意に反して「いい子」ぶるのは、違うでしょうね。
ぼくの場合、悪ぶるのも、「あるがまま」ではありません。
社会生活をする中で、すごく自分を演じている部分があります。
「恐い人」になったり、「気さくな人」になったり。

>咲坂ハユルさん
そこで僕のような懐疑派は、「自分の意とは何だ?」などという、とりとめのないことを考え出してしまうのです。
果たして、僕は僕自身に正直に生きているのだろうか。
正直な僕は、どんな僕なのだろうか。
考え出すと、とまらなくなります。

>空也さん
そう、自分を知ることって、すごく難しいことだと思います。
自分を知るということは、もしかしたら、複雑な脳みその構成を知ることぐらい、難しいことなのかも知れないな、と思ったりします。
本当の自分と、虚の自分を判別しなきゃいけない。
でも、虚の自分が、実は本当の自分なのかもしれない。


----------------------------------------------------------

ん~~、やっぱり難しいですね。
皆様のご意見を眺めながら、「自分」とは何なのだろうか、と考え始めております。
いよいよ、哲学っぽくなってまいりました・・・。

むずかしい…

「あるがまま」なら「ないはちち」
 って、ちちじゃなくてぱぱだった

あんまり難しいことばかり考えていると
煮詰まってしまうからほどほどにして
感じるままに生きろってことかも

 初コメなのにくだけた口調で失礼しました。

興味深い話題でしたので、トラックバックさせて頂きました。
事後報告で申しわけありませんが…。

返信その3

>さむさん
考えた末の境地、ですね。
それは、ひとつの大切な「解」だと、僕も思います。
悩んで悩んで、悩みつかれたら鼻くそほじって寝ろ、みたいな。
コメントありがとうございます。

>やさん
全然問題ありません。フリーです。フリー。
許可、承諾はもちろん、連絡も不要です。
もう、自由にやっちゃってください。こちらは何の問題もないどころか、逆に嬉しいくらいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。