FC2ブログ

今年もカブトムシ

今年もシーズンがやってきた。
クリックすると大きくなります。嫌いでなければ、どうぞ。

カブトムシ

昨年に続き、2年連続羽化成功である。


見よ、この勇ましい姿を!!

カブトムシ2


今日の夕方、カブトムシの幼虫のメンテナンスのために、虫かごを開けたところ、土の表面の数箇所に穴が開いていた。
「お、これは羽化したやつが這い出してきたな」ということで、その穴に指を突っ込むと、案の定、カツン、と指に硬いものが触れた。
つまんで引っ張り出すと、やはり成虫。
他の穴のチェックも行い、結局、オス5匹、メス1匹の羽化が確認できた。

まだ、あと20匹くらい、土の中にいるハズである。


ちなみに、彼らの2世代前は、我が家の近くの幹線道路沿いにある、街灯の下に転がっていた、ひとつがいである。
東京通勤圏内でも、まだまだこういうところがアルのだ。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

お~すごい!
てか20匹もいるんですね!
久しぶりに見ました☆
ぽちっと。

ストラグラーさま、お世話になります。
今回は昆虫のお話をお伺いし、
遠い夏の日の森の香りを思いだしました。
小学生の頃の無心な懐かしい記憶に帰ってゆく。そのような、
ほんのひと時の幸せを頂戴しました。
有難う御座いました。
森の妖精さん達が元気に成長されますよう、
私もお祈りいたします~(^o^)/

いいなあ~!

いいなあ~!
北海道にはクワガタムシはいても、カブトムシはいないということになっております。
最近は温暖化で北海道にも、カブトムシもいるということですけれども、私は野生のカブトムシを見たことがありません。
クワガタムシよりカブトムシの方が、強くて、かっこいいですよね。

ところで、ムシっていうのは近親交配は、大丈夫なのですか?
外から、新しい血をいれなければだめなんじゃないですか?
無用の心配だったりして…?

カブトムシ羽化おめでとうございます~
いっぱいいるんですね~凄いな~ポチポチポチ^^

返信

おおお、結構な反応!
僕のブログは女性読者が多いのかな?と自惚れておりましたが、いやいやこういう話題に即食いつく男性読者も多いのだな、と、改めて思いました。

>かぴさん
僕も2年前、道端に転がっているのを見たときは、ほんとうに久しぶりでした。
土をほじくっているときは、完全に童心に帰っています。我が子を差し置いて(笑)

>ys_tateさん
遠い夏の日の森の香り。スズメバチに追いかけられる、といった危険と隣り合わせ。蚊に刺され、クモの巣をかぶりながら、藪に分け入る。
カブトムシの匂いを嗅いでいると、自然と昔に帰ります。
・・・・・・それを妻は「臭い」というのです。仕方がないか。

>shincyan_98さん
ああ、北海道にはいないんですね。
カブトvsクワガタ、確かに、一発勝負ではカブトムシに軍配が上がりますね。
但し、同じ容器で飼育すると、カブトムシのほうが先に弱ります。クワガタの鋭いアゴで、カブトムシに穴が開いてしまうのです。
近親交配については、少し心配です。新たな血を求めて、夏は雑木林の探検をしようかなあ。

>髪様さん
いっぱいいます。去年はご近所さんと会社の同僚(子持ち)に配りました。
今年は、フリーマーケットに出そうかなあ。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】