FC2ブログ

障害、障碍、障がい

障害。

この字の後ろに「者」という文字がつく場合に限り、ものすごく神経質になる風潮が出来上がっている。
曰く、「障碍者」「障がい者」。



書き換えに賛成派、反対派、いろいろいるようであるが、基本的には、全部間違っている、と思う。

『「障害者」は、その人に害があるように見えてしまうから、「障碍者」とか「障がい者」と書くべきだ』という意見。
前半は納得。後半はズレている。
そんなあからさまじゃない、もっと良い書き方があるでしょう。

『「障害者」が「障がい者」なら、「障害物競走」も「障がい物競争」と書かにゃならんのか?それは変でしょ』という意見。
ごもっとも。そりゃ変だ。でも、これは「障害物競走」でいいでしょう。
話の本質を全く突いていない、いいがかりである。



数年前に、良い実例があるではないか。
厚生労働省の主導で、「痴呆症」を「認知症」し、定着させた実績があるではないか。
同じことやればいいんじゃない?

あとのことは別の方に譲ろう。
良いコピーを考えてください。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

最近は言葉に過敏な兆候みたいですね。
英語で「ちび」を「垂直方向的に努力している人」って言い換えるようなもんですね(これは英語圏でも笑い種になっているそうで)

ぶっちゃけ、私には何と呼べばいいのかが分かりません。
だから、実際に「障害者」と呼ばれている人に聞いたほうが一番早いんじゃないのかなぁとか安易に思います。
第三者がつけた呼称を押し付けてもどうなのかな、と考えましたので。


もし付けろ、と言われるのであれば、「障挑者(障害に対して挑戦=回復しようとしている人)」とかどうかな?


まったく関係ない話ですが、市町村合併の時、昔ながらの名前がまったく関係ない名前になってしまった土地が多数あってがっかりでした。
地名は歴史の一部でもあるのに、「読みづらいから」とか「古臭いから」とかいう理由でまったく異なる名前がつけられてしまった土地は本当にかわいそうです。

とある場所では「さくら市」と名づけたくて桜の木を大量に植えた所もあるとか。
本末転倒です。

返信>やまさん

仕事をしていと、会社さんによっては、「障害」という言葉を使うことをすごく嫌うところがあるんですよ。
システム屋がシステムを作る際、作成したプログラムの試験中に「障害」を山ほど出し、それをひとつずつ潰していくことで、良いシステムにしていく、という行程があります。
「障害報告書」を書き、システムを修正し「障害対応結果報告書」を書きます。

そんな「障害」も、某会社ではだめなんだそうです。
「不具合」「不適合」なら良いんだそうです。
つい最近、こんなことを急に言い始めるものだから、こちらとしては作成書類のタイトルを全部変更するというばかばかしい作業が発生したことがあります。

なんだか、「障害はいかん」と騒いでいる人のほとんどは、障害者を向いていない気がしたんです。
「じゃあ、障害者を不適合者って言ってもいいんかい?」、と屁理屈をこねたくなります。
本来なら「好きにしろ」と思いたいところですが、ただ、痴呆のときのように、世間様の要請であるならば、それは対応してしかるべきだと考えるのです。

地名は、何なんでしょうね。
はずかしいくらい痛々しい地名になっちゃったところ、ありますよね。
まあ、将来化けない可能性もないとは言えないので、各地方の皆様、がんばってください。
「国立市」って、国分寺と立川の間だってのは、結構有名な話です。

こんにちは。久しぶりにコメントします。

う~ん、どうなんでしょうね。自身ではありませんが、少なからず関わって生きています。

障害者本人は気にしているのかな?周りの人や団体の気の回し過ぎのような感じもします。

ただ、世間体という得体の知れないものは確かに存在しますね。

あえて、考えてみましたが、「健常途上者」はどうでしょうか?

複雑です。

複雑です。

家族のひとりが、統合失調症です。
昔で言う、分裂病です。
ややひきこもりがちではありますが、
新薬(わたいは、薬には疎いのですが、本人からそう聞いています。)を、
飲みながらではありますが、
普通に、家事もしながら、生活出来ています。

家族のひとりのわたしは、呼び名なんてどうでもいいと思っています。
程度の差はあるけれど、健常者と呼ばれている人々(わたしも含めて)との違いは、
少しだけだと感じています。
ものごとに、とらわれすぎるか、そうでないか。
その一点。
そうなったのは、本人の生まれ持ったものだけが原因では、ありません。
環境もまた原因のひとつであると、わたしは、思っています。

呼び名なんて、どうだっていい。

それよりも、偏見をなくしてほしい。
少しだけ、こちらが、気をつけて接することができれば、
わたしの家族を含めて、みんなが、もっともっと、のびのび活動できるんです。

でも、みんなが忙しくて、自分のことで精一杯な時に、
こんなことを、胸をはっては、言えない。

呼び名なんて、どうだっていい。
わたしは、そう、思ってます。

本人には、なにか、きっかけがないと、聞けません。
これって、聞けなわたしも、変なのかしら。。。

私は精神障害者です。(躁うつ病。最近では双極性障害という言い方になってきています)
別に障害について「立ち向かう」とか「健常に向かって努力途上」とか、そういう意識はありません。
受け入れて、うまく付き合っていくしかないねぇ、あはは、ってな感じです。
(そうなるまで時間はかかりましたけどね)

「知的」「身体」の人はそうじゃないかもしれないけど。

障害の「障」だって、「さしさわりがある」という意味じゃないですか、「害」だけ言い換えるのがおかしいです。
私も呼び方なんてどうでもいいです。自分は障害者じゃないと思っている人、まわりの方が気にしすぎ。

先日、当事者(障害持ちの「当事者」「その家族」というのが障害者団体でよく使われる言い方みたいです)の会の雑談で、「私の夫は健常者なのですが」と話したら、「その"健常者"っていうのもやめましょうよ、みんな、どっかしらおかしいんだから」って笑い話になりました。

とはいえ、「精神障害者」っていう言葉をストレートにウォーキングのブログで出すと、なんか見てる人が「引いちゃう」みたいなのね(笑)。なんでこっちが気を遣わなきゃならないの(爆笑)。
手帳だって、「精神」と書いてないことで、逆に「精神障害者」だって分かっちゃうのに。

矛盾、無知、偏見、差別、いろんなものが障害者を取り巻いていますが、呼び名を気にするほど、私にはまだ余裕がないというのが実情かもしれません。
長文失礼しました。

返信

特にこれといった事情もないのですが、暫く放置しておりました。
ではコメ返しを。

>いちよしさん
確かに、世間体というか、「誰に媚売ってるんだよ」という気はしますね。
「健常途上者」ですか。発想としては、悪くないですね。
健常になれる可能性があるかどうか、は、別問題、として。
・・・あ、すみません、喧嘩売っているつもりも、毒を吐いているつもりもありません。
m(_ _)m

>メタボでべそさん
こんばんは。
僕は、呼び名とか、言葉のイメージが、差別・偏見を生み出すのだと思っています。

僕の友人に、事故で腕を無くした人がいます。
彼は、ちょっと不便そうに、でも普通の人と同じように生活し、働いています。
僕は彼を障害者と思ったことは、一度もありません。
「障害者」と公式に認定されているにも関わらず、です。
僕にとっては、障害者でも何でもありません。

>さくらさん
「障害者」なんてのは、ただの区分でしかありません。
「健常者」との境界はきわめて曖昧です。
違いがあるとすれば、病院に行って、病名をつけてもらって、手帳を貰ったかどうか、程度ですよね。

その「区分」を一般化する必要って、ないと思うんです。
「障害」という呼び方を云々しなきゃいけないほど差別的な意味を含んでいるならば、一時的にせよ「障害」という呼び方を世の中から排除する必要もあるのかな、というのが、僕の考えです。
そうなると当然「障がい」も「障碍」もアウトなんですよ。


-----------------------
こんな言葉、使わなければ良いんです。
日常生活で、「障害者」という言葉を使用しなければならない場面って、めったにないですよね。
じゃあ、日常的に使わなきゃいいんです。
あるいは、その逆。
風邪、インフルエンザ、すり傷、ニキビ、ハゲ、痣、癌、高血圧、メタボ。こんなの全部、「障害者」にしてしまえ!実際のところ、障害だからな。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】