FC2ブログ

ベトナムに行ってきた(最終回・感想)

最終日の夜は、鍋料理を楽しむ。
僕はサイゴンビールで、おじさんはアサヒビールで、乾杯。

食後、空港へ。
「また出張する機会があったら、よろしくね」
「どうぞどうぞ」
てな感じで、再会を誓う。

出国手続き、税関を通り、一気に出国。
まあ、簡単だこと。

株価暴落中のJAL機に乗り込む。
落ちるのは株価だけにしておいてね。



23:40にホーチミン出発。
日本時間だと、1:40。
ベルトサインが消え、おしぼりとドリンクサービス。
5:30頃から朝食。7:30頃に成田着。
さすがJAL。日本。
いつ寝ろというのだ?
もっといい加減にしてほしいものだ。ベトナムみたいに。

そう、ベトナムで感じたこと。
それは、「いい加減」。
ほんとに、いい加減なのだ。

レストランに外で買ったものを持ち込んでもOKだし、店員もそれを咎めない。
運転の基本原則は、「ぶつからなければ良い」だ。
今回僕は、「客」としての立場で訪問したのだが、大して客扱いされなかった。
おかげで、いろいろ自由気ままにすることができた。

過去、大きな戦争で、多くの人が犠牲になり、今でもそのことで苦しんでいる人の多い国。
でも、そんなこと全然気にしていない。

「9月2日は、建国記念日なんです」
「ああ、日本が公式に戦争に負けた日ですね」
「あ、ごめんなさい」
「いやいや、気にしないでください」
「はっはっは」
こんな感じ。

3度のインドシナ戦争、中国とのいざこざ、そんなことを、持ち前の「いい加減さ」で、適当にあしらってしまっている。
ホーチミン市だって、かつての名前「サイゴン」を、今でもいろいろな場所で使っている。
普通、社会主義国家で、都市名変更したら、昔の名前を使用することを、すごく嫌ったりするのだけれど、そんなことはお構いなし。
ちなみに、ホーチミン空港の3文字コードは、「SGN」だ。
直せよ。

今回お邪魔した会社も、海外相手の仕事を増やしている。
日本、フランス、アメリカ、中国。
いずれも、かつての敵国ではないか。
でも、そんなことを気にするそぶりもない。
いい加減。
おそらく、その裏にはしたたかさもあるのだろう。



放置されている感覚が、すごおく心地良い、そんな街だった。
また、行ってみたいなあ。
いい仕事、ないかなあ。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

うーーん、、、。いい加減、というやつの中に案外大事なものが隠されてるってことですね。今の日本がすっかり忘れ去ってるようななにかが。

こんばんは。

ストラグラーさん、お邪魔しております(^ ^)ノシ 出張お疲れさまでした。
「いい加減」さ。なるほど、深い…いや、シンプル極まれり、ということなのでしょうか。
本当に、今の日本(人)に必要な要素かもしれませんね。

それにしても、「直せよ」で思いっきり吹き出してしまいました(゚3゚)=3

返信

>見張員さん
>咲坂 ハユルさん
よい悪いはともかく、すごく気楽だったのは確かです。
気を遣わないことが最大の気遣いである、みたいな感覚がありました。
そして、おそらく、「いい加減さは大事だ」なんて、彼らはこれっぽっちも思っていないでしょう。

実は、仕事では、その「いい加減さ」が本当にいい加減で、思わず「おいおい、しっかりしてくれよ」と言ってしまいました。
日本人はまねをしないほうがいいかも。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】