FC2ブログ

焚火の匂い

かきねのかきねのまがりかど
たきびだたきびだおちばたき
あたろうかあたろうよ
きたかぜぴいぷうふいてくる



今日、定例の通院だったり買い物だったり、何度か外出するときがあったのだけれど、そのたびに、焚火の良い匂いに遭遇した。
ある場所では、車の運転中にものすごい煙の量に出くわし、「火事じゃないか」と思って窓を開けたら、良い煙の匂いがしたので、「ああ、落ち葉焚きか」と安心した。

近所の神社の裏庭では、宮司さんが焚火をしていた。
そばを歩きながら、アルミホイルにさつまいもをくるんで放り込みたくなった。



一時は、ダイオキシン問題やなんかで、ちょっとした焚火にも神経質になっていた時期があったが、どうやら最近はそうでもなくなってきたようで、ちょっと安心。
でも、必ずバケツに水は用意しておきましょう。

ところで、今日は立冬。
立冬には落ち葉焚きをしましょう、という風習でもあるのだろうか。
そういえば、冒頭の「たきび」の歌も、初冬というか、晩秋の気分のある歌である。
だれかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
立冬とたきびの関係は分からなかったのですが、「たきび」の童謡についてはwikiに載っていて、第2次世界大戦勃発前夜とも言うべき時期に作られたという、なんともせつない経緯を初めて知りました。季節的には12月頃の歌であることは間違いありません。
この歌詞やメロディからは楽曲の背景をうかがい知ることもありませんが、知ってしまうといろいろ考えてしまいます。

返信>さくらごはんさん

あああ、そうだったんですか。知らなかったです。
僕も今、初めて知って、いろいろ調べたいなと思い始めています。
今度時間のあるときに、ゆっくり調べてみたいと思います。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】