FC2ブログ

科技関連費縮小について

事業仕分けで科学技術関連費用が縮小判定を喰らった件について、思うことをつらつらと・・・。



・誰だ?ずらずらとノーベル賞受賞者を担ぎ出したのは?
 石井紫郎?法制史学者?東京大学名誉教授?国際日本文化研究センター名誉教授?
 なんだ、ただの学者か。

・ノーベル賞受賞者の言うことがすべて正しいと思っている輩の多いこと多いこと。
 学者が言うことは、ほんとうに間違いないのかね?専門分野とはまったくかけ離れた部分でも。

・尊敬する森重文さん、数学ってそんなにお金いりましたっけ?
 誰に列席させられたんですか?

・今さら何を言っているんだろう。仕分け対象になった時点で、負けなんだよね。

・学界さん、やるべきは、仕分け対象にならないように頑張ることだったのでは?

・まるで、今まで国が金を出してくれていたことを、今回初めて知ったかのような発言が多いですよ。
 「無知でした。ごめんなさい。でもやっぱりお金ください」
 とは言えないか。ノーベル賞受賞者だもんね。プライドが許さないか。

・東大で共同声明を出すあたり、権威臭がする。

・明日の名誉よりも今日の飯。
 スパコンが世界一でなくなることで貧困層が減るのなら、政治判断としてはアリなのでは?
 学界よりも貧困層の票のほうが大きいからな。

・高速道路無料化よりも科技費のほうが大事かも。それは納得。

・いま、族議員がいない。
 文教族議員(森喜郎元総理など)のバックアップがないと、予算削減。
 それは、多くの国民が望んでいた状況では?

・各論でどうこうなる問題でもないでしょうに。
 もひとつ言えば、蓮舫ひとり攻撃したところでどうにもならないでしょうに。

・各論でしか話の出来ない輩が多すぎるのかな。学者を筆頭として。

・逆に、蓮舫は総論でしか話が出来ない?
 さすが、日本人離れしている。

・教育論と絡めた論議って、誰か出来ないのかな?

・まったく同じことが、オリンピック選手強化策にも言えるな。
 金メダリストの権威。



すみません、僕の立場が明確ではないですね。
僕は、科学技術関連費縮小に反対です。
高速道路を値上げしてでも、科学技術関連費は確保すべきと考えます。

ただ、それ以上に、学者崇拝主義のはびこる日本社会に反吐が出る、そういうことです。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり質問してしまう

それで、ストラグラーさんは、子ども手当てはもらうんですよね?
訊いちゃいけなかったかな・・・。

もらうのなら議論しちゃいけないとは言わないですけど。
そもそも子ども手当てなんかなければ科学技術費だって確保されてたはずだと私は思ったので。

ごめんなさい
子供手当てがなければ科学技術費は確保されるのでしょうか
子供手当ても・・・本当に困ってる 必要な人に出すべきですよね
でも だからって 科学技術費を肯定することにもなりません
要は 日本全般 無駄を省いて 必要なところにお金をかけて欲しい
ただ それだけ・・
もっと うまくいかないものでしょうか。。

ストラグラーさん
とにかく私は
来年 環境をすっかり変えることにしました
やっぱ 自分自身病的なのかもしれない
新しい生活が始まると言うのに 意味のない不安しか感じない
若い時はこんなじゃなかったのに。。
でもでも 時間は静かに流れていくんですよね

返信

PC向かわず、お返事遅くなりました。

>さくらごはんさん
逆に言えば、そういうものを色々省けば、子ども手当てが出来た、という言い方もできますよね。
ごくごく客観的に、建前として言えば、「子ども手当て政策は無駄だ」と思います。
でも、極めて主観的には、「はやく金出せよ」という感じです(笑)。
そこは、分離して考えたっていいんだと思いますよ。政治家じゃないんだから。
じゃないと、何も言えない。何も書けない。矛盾だらけだから。

>MOMOさん
おひさしぶりです。
いろんな人が言います。「無駄を省こう」と。たったそれだけのことが、すごく難しいことなんです。
道路工事だって必要なんです。年度末の道路工事で食っていける人もいるんです。
僕のような病気を抱えている人の慰めの言葉「無駄なことは何もないんです」と一緒ですね。

でも、元手がないんだから、仕方がないんですよね。
「一般的に無駄そうなもの」を切り捨てていくしかないんだと思います。
科学技術費が道路工事費より無駄でない理由を探すほうが難しい。
子ども手当ても一緒。
---
人も一緒。
そうやって、進むしかないときだって、あります。
どんなに環境が変わるのか、計り知れませんが、何とか自分自身と折り合いをつけなきゃいけない。
それでも、前でも後ろでもどちらでも、進んでいければ、それでいいんだと思います。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】