FC2ブログ

禁煙と鬱

もうすぐ、禁煙4ヶ月目だ。
約4ヶ月前のあの日、薬局でなんとなく手にしたニコチンパッチから、
ぼくの禁煙生活がスタートした。


薬局にふらふらと入り、ニコチンパッチを手にとって、軽い気持ちでレジに向かったら、なんだか問診票を書かされた。
「うつである」の項目は、なんとなく「いいえ」を選択してしまった。
その辺の薬局でぶらっと買おうとしたニコチンパッチ、その程度のことで、何でこんな質問をされなきゃいけないのか。
なんでおまえにそんなことを言わなきゃいけないんだ?
そんな気分。

パッチを貼って、禁煙を始めて2日目、会社の上司と酒を飲んだ。
まわりは全員喫煙者。
ここで、一本も吸わなかったことが、ぼくの自信に火をつけた。
尊大な、肥大化した自信。


薬局で買えるニコチンパッチによる禁煙は、2ヶ月間(8週間)のプログラムで構成されている。
(使い方にそういうふうに指示があった)
最初の6週間は20mgのパッチ、最後の2週間は10mgのパッチ。

でも、パッチは2週間分で5,670円もしてしまう。
ぼくはそれまで一日一箱@300円のタバコを吸っていたので、35%増。
ここで、尊大な、肥大化した自信が、こそこそこそっと囁く。
「もう、禁煙成功ですよ。パッチなんかいらないですよ」
思い切ってパッチを剥がしてしまい、禁パッチも開始してしまった。
それが、3ヶ月近く前のこと。
9月のあたまの頃だった。


9月に入り、急に仕事が忙しくなった。
いらぬトラブルに巻き込まれ、客からの急な呼び出しが増えた。
すぐイライラするようになった。
電車を降りるときに、脚を投げ出して座っている人を、何度蹴ってやろうと思ったことか。
それでもパッチは貼らなかった。タバコも吸わなかった。
そんなことしたら負けだ、と思った。


ぼくの状態が悪いほうに傾いていっているのは、なんとなく想像がついた。
月1回のペースで通っている精神科の医者に話すと、「タバコをやめたせいでしょう」と言われた。
医者をぶん殴ってやりたくなった。

それから、ぼくは会社を休んだ。
そしてぼくの体重は増え始めた。
どうやら、相関関係はありそうだ。
因果関係は、わからない。




禁煙鬱という言葉があることを知ったのは、わりと最近のこと。
まだ時々、隠れてタバコを吸ってうしろめたい想いをしている夢を見る。
状況は何も変わっていないかも。

でも、吸わない。
吸ったら負け。

・・・・・・今日の測定結果(カッコ内前々日比)・・・・・・・・・・・・・・・・
体重:80.4kg(+0.4kg)
体脂肪率:29.5%(-2.0%)
腹囲:98cm(-5cm)
コメント:んん!? 計測ミスか?
関連記事


テーマ : 禁煙
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】