FC2ブログ

夏の靴の香り

そんな風情のある話ではない。
脳みその中に、いつまでも残る、あのニオイのことである。



黄色ブドウ球菌。またの名をスタフィロコッカス。
通常、人の皮膚の上で、細々と繁殖している。
ときどき、ぶちっと、おできを作るなどして、活躍することもある。

その他、食中毒や、こわい病気の原因菌だったりもする。

エサは、人間の角質である。
つまり、垢。
黄色ブドウ球菌は、暖かい、湿った環境で、人の垢を食べて、繁殖する。
夏の靴の中なんか、繁殖に最適な環境でもあるわけだ。

このとき、やつは、イソ吉草酸という物質を排泄する。

この、イソ吉草酸、が、夏の靴の香りである。
ガツンと、香る。


今日、かばんを開けたら、中から、イソ吉草酸の香りが、ぷん、とした。
生乾きのままカバンに放り込んだ折り畳み傘から発せられているようだった。

傘に、鼻を近づける。



うわっ。



黄色ブドウ球菌は、環境さえ整えば、傘でも繁殖する。
生乾きの傘を、カバンに入れて放置すると、夏の靴の香りがする。
またひとつ、勉強になった。
関連記事


テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

その物質の名前は、おぼえられませんが、、
香り?匂い?は、わかります。
香りや、匂いと、いろいろな思い出がつながっていて、、それはそれで。^m^。

>メタボでべそさん

思い出と香りは、よく繋がっていますよね。
でも、このニオイは、繋がっている、というより、こびりついている、という感じです。
・・・・・・傘は、洗って干して、ファブリーズして、防水スプレーしました。

おはようございます。
 この記事を読んでいて思い出したわ
 先日、雨が降ったときに使用した傘をそのままにしているわ
 明日にでも風をとおさなくては・・・・。
 

>さよちゅうさん

大至急、干してください。
急いで!!!(笑)
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】