FC2ブログ

勝ち馬に乗るのはカッコ悪い

FIFAワールドカップ開催前の、日本チームの評価は、0点だった。
特に岡田監督の采配に対する評価はヒドイものだった。
「やめるべきだ」「日本チームに不要である」などなど。

その岡田監督、決勝進出が決まり、いまや「神」とさえ呼ばれている。
日本チームの評価も、100点に近い。

どうもこの、手のひらを返すような風潮、好きになれない。
もう少し、突っ込んで言うと、「勝ち馬に乗る」風潮が、嫌いだ。



サッカーというスポーツについて、僕は詳しくない。
試合を見ても、優勢なのか劣勢なのか、采配が正しいのか正しくないのか、まったく分からない。
それでも、大チャンスとか大ピンチとか、得点・失点なら分かる。
日本チームが試合するときは、大抵、テレビをつけて、試合を見る。
手に汗にぎり、応援する。ときどき、「よっしゃ~」「ああ~」などと、声を出す。
その程度の、ごくごく一般的な、どこにでもいる日本人だ。

試合に負けた翌日に飲み会なんかあったときは、酒を飲みながら、愚痴ったりする。
「本田の意図が分からん」
「岡田監督じゃ、駄目なんじゃない?」
もちろん次の日になってみると、自分が何喋ったかなんて、覚えていない。

当然、そんなサッカー素人の吐く批判に、ハエや蚊ほどの威力も無い。
批判の根拠になっているのは、テレビでの解説者の言葉くらいしかいないのだが、その解説者の言葉も、株価の解説をする経済評論家の言葉程度に、信用ならない。
良かった理由、悪かった理由なんか、あとからいくらでも喋れるからな。

そんな、酒の愚痴みたいなのは、酒の席みたいなところでやるから愉快爽快なのだ、と思っている。
居酒屋での巨人談義、阪神談義と、同じレベルの話だ。



最近、ジャーナリストが、こんな酒の愚痴みたいなことを、平気で喋っている。
あと、酔っ払いの戯言を、マスコミが国民の総意のように流している。
それを見ている人が、次々と付和雷同していく。
多分、そんなふうだから、0点か100点か、みたいな話になってしまう。

別に、批判してた奴は応援するな、なんて言っているんじゃない。
弱かった時期に批判していた輩が、強くなった途端に褒め称えている姿、一歩引いてみると、とても格好悪いのだ。
そんな格好悪いことを、堂々と公言しないでほしい。気味が悪いから。
心の中で、しっかり応援してくれ。公言するなら、せめて前言撤回してからにしてくれ。




さて、明日のパラグアイ戦。
相手にとって見れば、カメルーンでもなく、デンマークでもなく、日本が勝ち上がってきたことを、心中、喜んでいるに違いない。
前評判がぼろぼろだったチームが、運良く勝ち上がってこれた、と思われているハズである。

もちろん、そこがつけめだ。
日本中を欺いた岡田Japan! パラグアイもその調子で欺け!
関連記事


テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】