FC2ブログ

再びパキシル断薬11日目

10日ぶりのエントリー。
その間、妻の実家でのんびりゆっくり。
昨日、妻子を残して、ひとり、帰ってきた。
11時間の自動車運転。さすがに疲れた。肩と腰が痛い。

肩と腰の痛みには、デパスがよく効く。
(こういう処方がほんとうにあるそうです)
おかげさまで、今朝はすっきり、目が覚めた。



7月30日に、パキシル1/4錠を飲んで以来、再びパキシル断薬を開始した。
いまのところ、軽いパキパキはあるが、それ以外の症状は無し。
このまま、もうしばらく様子を見ることにする。


明らかに変化したこと:いらいらしなくなった。

長距離運転をしていて、「かーっ!!」となることがなかった。
ハンドルを握ると凶暴になっていたのだが、今回は、そういったことがまるでなかった。
トラックの大群に囲まれながら、ひたすら時速80kmをキープ。

今日も、本屋のレジに並んでいる最中、オバチャンに列を割り込まれたのだが(向こうにはまるで悪意なし)、ああもうしゃあないなあ、どうぞどうぞ、といった気分で、諦めた。
店員さんのほうが恐縮していたなあ。

そのほか、色々なものを、冷静に判断できているような気がする。
守るべきもの、捨てるべきもの、頑張るべきところ、手を抜くところ。
落ち着いて判断することが出来る。

躁のときのような、「人生をドライブしている感覚」とも違う。
自分の足で歩いている感覚がある。

念のため、妻にも確認。
「ずいぶん安定しているんじゃないの?」との答え。



軽いパキパキ感を除けば、極めて、穏やかである。
明日から仕事。頑張ろう。

反動が来ないといいなあ。
といっても、反動が来たところで、大きな問題ではないけれど。
関連記事


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

断薬ガンバってますね

こんばんは、先日、自力でパキシル断薬成功の匿名希望です。
断薬、がんばっているようですね。
あまり無理をせずにして下さい。
あなたには、愛する妻が居るのですから。
私は、パキシルのせい!?(全てそうとは言わないが...)で、
凶暴性が増して、調子に乗り離婚届にサインした大バカ者ですから…
子供も妻に取られて、調停中です。
なので、今の家庭を大切にしてください。

デパスの処方の事、書いてましたね。
デパスは、万能薬で、肩こり腰痛などに処方されることはホントです。
筋弛緩効果があります。
デパスにも、依存性があるんですよ。
ですので、コンスタンなどと、スパンを決めて服用すると、良いと思います。これはあくまでも、私の経験ですので、主治医と相談してください。
効く効かないは人それぞれなんで。

さて、そろそろ、パキシルの禁断症状が再開すると思います(たぶん)。
どうするかは、あなた次第です。
私は、調停にかけられ、家族を失うことの方がツライと思って、坑不安薬(デパス、コンスタン)でやり過ごしながら、もがき苦しみましたが。
家族を失うことは避けられない現実でした。

禁断症状で、死を選ぶ人は多いと思います。
しかし、死なないで下さい。
人間は生まれてから死に向かって生きているのですから。
いつかは死ぬので、早まらないで下さい。
私のように、今は何も生きる希望はありません。
家族を失い、調停をかけられ、調停では犯罪者扱いをされ...
それでも、必ず立ち直る、必ず社会復帰する、見返してやるって思って
生きています。
いつか会える子供たちのためにも、必ず立ち直るって社会復帰を目指してます。
調停が邪魔なんで、まだ無職状態ですが…

2ヶ月は続きます。私の経験上ですが…その間は、何度も死を選びそうになります。
その時は、私の事を思い出してください。
こんな酷い目に遭ってるヤツも生きてるって。
下を見ればキリが無い、上を見ればキリが無い。
人と比べてはなりませんが、生きるためなら、その期間くらい良いでしょう。
生きる努力はしなくても大丈夫です。
何とかなりますから。
死なない努力をして下さい。
私からのお願いです。

>匿名希望さん

お、「神」ですね。再度のご光臨、ありがとうございます。

「下を見て、生きる」
鬱ブログを始めてから、何となく実践しています。
僕より大変な人がいる、しかも、こんなにたくさん。
そういう人を見ると、不謹慎ながら、勇気付けられるんです。

いろいろなご経験を語っていただき、ありがとうございます。
勇気付けられる、というよりも、ひとごとながら、ちょっと心配になってしまいます。
社会復帰、調停、是非乗り越えてください。
匿名希望さんは乗り越える努力をしている人。応援します。頑張りましょう。

匿名希望さんもそうでしょうが、僕にとって、家族は他の何にも代え難いものです。
その家族が悲しむようなことはしたくありませんし、そのために、今まで鬱と闘ってきました。
薬は、「やめられたらいいなあ」といった程度の気持ちです。
もし禁断症状が強くなったら、そのときはパキシルを再開し、医者に駆け込む予定です。
幸い、ここ数ヶ月間、少しずつパキシルの量を減らし、やめる直前は3日おきくらいまでになっていましたから、そんなに強い禁断症状はないだろう、と、楽観的観測も持っています。

ところで、デパスですが、医者の指示で、頓服として使用しています。
禁断症状が出たとき、これ飲むと、すうっと引くんです。
自分と相性のいい薬なんだな、と思っています(大いなる思い込みかも知れませんが)。
利用頻度は、最近は週1回程度ですね。

コメントありがとうございました。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】