FC2ブログ

コントロールできないものはコントロールしない

鬱病になる少し前のことだから、ええと、2007年の春だったかな。
会社でヒューマンスキル系の研修が開催されたので、受講したことがあった。

『何か壁に当たったときに、モチベーションを落とさない秘訣』みたいな研修だった。
どんな内容だったか、今でもなんとなく覚えている。
というか、つい最近、思い出した。




いろいろ人生をやっていると、ほんとうにいろいろな壁にぶち当たる。
その壁も、1種類じゃない。いろいろな壁がある。

自分で作る壁。他人が作る壁
起こり得る未来への恐れ。起こってしまった過去の失敗の後悔。
思考。嗜好。
行動。感情。信念。

世の中、自分でコントロールできないものだらけだ。
他人はコントロールできない。
過去も無理。タイムマシンはいまのところない。
自分の嗜好もコントロールできない。嫌いなものは嫌いだ。
自分の中から溢れ出た感情も、コントロール不能だ。泣いているのに、笑うことなんてできない。
自分の信念も、まあ、コントロールできないだろうな。

コントロールできないものは、どうやったってコントロールなんかできないんだよ。
だから、そんなものをコントロールしようなんて思っちゃいけない。
コントロールできるのは、コントロールできるものだけ。

自分の行動は、コントロールができる。
自分の思考は、コントロールができる。
自分の信念や感情は、コントロールできない。生理的嫌悪感なんて、自分じゃどうしようもないでしょ。

ぶっちゃけちゃうと、自分でコントロールできるのは、自分の思考と行動だけ。
自分のことだけ、きちんとやっていれば、それでいい。
他人様は他人様。その人の考え方を変えるとか、感情を変えるとか、そんなコントロールできるはずありません。
だから、そこについて悩む必要もありません。

コントロールできるのは自分自身だけなのだから、自分はどうやってその人を相手にすればいいのか、それを考えて行動しよう。





ここ最近、コントロール不能属性を持つものに振り回されることが多いなあ、と思っていた。

ああ、どうしてこんなに暑いんだろう。
この客の話の仕方、気に食わない。
上司は部下のことを全然考えてないぞ。
この部下、使えねえなあ。
ハードディスクが壊れちゃった、どうしよう。
デスマーチ、いつまで続くんだろう。参っちゃうなあ。

以上、すべてコントロール不能属性を持つ類の悩み。
こんなものをコントロールしようなんて、本気で考えてちゃいけないんだ。
ふと、昔受講した研修のことを思い出した。

自分がどれだけ頑張ったところで、暑いものは暑いし、客の話の仕方は変わらないし、上司は部下のことを考えないし、部下は使えないし、ハードディスクは治らないし、デスマは続く。
そんな、コントロール不能領域に心血を注ぐのは、無駄なのだ。

やるべきことは、自分がこれらに相対するときに、どう考え、どう行動するか、それだけである。

逆に、コントロールできないものは、「そういうものである」と認めることで、悩みの対象から、使い出のある対象へと変化する。
人を変えるのではなく、自分の思考を変える。
そうすることで、趣味も性格も信念も感情も異なる他人同士が、共通の目標に向かうことが可能になるんじゃないかな。



変な悩みの袋小路に入ったとき、少し立ち止まって考えてみようと思う。
「コントロールできないものを、コントロールしようとしていないか?」

持ってうまれた自分の性格上、そう簡単に考えが切り替わるわけじゃない。
でも、少しずつ、そういう考えをする訓練をすべきじゃないだろうか。
日々修業のような仕事をしているなかで、少しずつでもそういう考えが出来ていければ、いいな、と思う。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめてコメントさせて頂きます。
60歳過ぎて、老い先短いジジイの公園児と申します。
心配しながら覗いておりましたが、いい記事に感動というか、ちょっと安心というか、いや、とっても安心しました。
エールを贈りたい気持ちでいっぱいです。わーい♪

返信>公園児さん

コメントありがとうございます。
いろいろご心配おかけしてしまっていたようで、すみません。
そして、応援ありがとうございます。

悪い状況なりに、これから先も何とか折り合いをつけていこう、と思っています。
また、きっと、そうできるだろうな、という自信も出てきています。
まだまだハラハラさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。

おはようございます。
 今回の記事は大変に参考になりましたわ
 うんうん・・・うなずくわたし
 生きているからこそなのよね
 悩みも楽しいことも・・・・・・
 また来てみます。

こんにちは

この間はコメントありがとうございました。
リンクフリーとのことなので、リンクさせて頂きます。
今後ともよろしくお願いします。
デスマがむばってください。

返信

>さよちゅうさん
多分、誰かの参考になるだろうな、と思って書いた記事です。
一番参考になって、忘れたくないなと思ったのは、これを書いた当人。
さよちゅうさんも、参考になりましたか。
良かったです。

>コイチさん
こんばんは。
リンク、ありがとうございます。ばんばんやっちゃってください。
ひとつといわず、2つでも3つでも。リンクの個数もフリーです。(笑)
僕のブログのリンクも、そのうち整理しないとなあ。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】