FC2ブログ

パキシル断薬2ヶ月経過

パキシルを最後に飲んでから、まる2ヶ月が経過した。
多分、パキシルのことを書くのは、この記事が最後になると思う。
断薬完了。

わりと上手にやめられたんじゃないかな、というのが、感想。
もちろん、今でも、落ち込んでみたり、心が荒んでみたり、怒ってみたりということは、ある。
とんでもない仕事の状況である、ということもあるが、まだ脳みそが不安定なところはありそうである。
ただ、抑鬱状態に陥ってしまうことは、なくなった。
これから先も、そういう状態にならない自信が、ある。
脳みそが不安定である、にも関わらず。

「鬱病」っていうのは、後天性の脳の病気なのだと思っている。
後天性の病気には、必ず、発症するためのメカニズムがある。
簡単に言うと、何か「スイッチ」みたいなものがあって、それを押すと、病気になる。
肺癌はタバコだったり、水虫は足蒸れだったり。
スイッチが何か解明されていない病気も、もちろんある。

「鬱病」の仕組みはまだ不明な部分が多いけれど、スイッチについては、すごく分かりやすい。
皆さんご存知のとおり、心的ストレスがスイッチになる場合が、大部分じゃないだろうか。


で。
僕がどうして薬を止められたのか。
その変なスイッチを押さない方法が見えてきたから、だと思っている。
ある程度、抑鬱状態に陥るときのパターンが分かってきたので、そこへの対処方法も確立されてきたんじゃないだろうか。
以下、僕が最近、心がけていることである。

・朝を乗り切れば、その日一日は何とかなる。
・酒を飲んだ翌朝は、抑鬱気分に要注意。
・体調が悪いときは、抑鬱気分に要注意。
・会社行きたくない症候群を発症したとき、ほんとうに休んでしまうと、抑鬱気分は大きくなる。
・日曜日によく遊ぶと、月曜日の朝が比較的楽。
・会社でのストレスは、会社で発散すると、家でよく寝られる。
・抗不安薬(デパス)を寝る前に飲むと、翌朝の会社行きたくない症候群はわりと抑えられる。

簡単に言えば、生きていくうえでの生活の知恵、である。
考え方は人それぞれなので、このリストにしっくり来ない、という方もいらっしゃるだろう。
でも、僕にとって、上のリストは、抗鬱剤に代わる、おまじないのようなもの。
このあたりを気を付けておけば、何とかなると思っている。
思い込んでいる。

もちろん、スイッチのすべてを把握したわけじゃない、ということは承知している。
何かの拍子に、未知のスイッチが入り、抑鬱状態に突入することは、充分にあり得る。
まあ、そうなったら、また一からやり直せばいい。
やりかたは、大体分かっている。


あとは、デパスをいつやめるか、だな。
いまの仕事の状況があまりにも辛いので、しばらくお世話になるかもしれない。
半年か、一年か。
まあ、急ぐ話でもない。
ゆっくりでいい。
いつか、やめられればいいなあ。
関連記事


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
 自分なりに分ったんですね
 デパスもきっと卒業できるよ
 わたしも以前は服用していたから

パキシル断薬成功おめでとうございます。
私はパキシルから他の薬に移行しようとしてできないまま、
パキシルを含む3種類の抗うつ剤を飲んでいます。。。

抑鬱状態に陥るときのパターンが分かるのって
すごいと思います!
それで、かなり、抑鬱状態を避けられますね。
私が自分のパターンで分かることは、
外出の予定がある前日と当日出発まで
落ちるということでしょうか…。
↑外出予定は避けようがないですね。。。

デパスは、おっしゃるとおり、無理に急いでやめることはないと思います。
デパスもお守りのような感覚で付き合っていけると
いいですね。

こんにちわ。通りすがりでございまする。

>「鬱病」っていうのは、後天性の脳の病気なのだと思っている。

プログラマ的には、鬱はバグだと思っております。
投薬=パッチ
カウンセリング=バグ探し
心理療法=デバッグ

プログラムに問題があっても、そこを踏んでしまわないと気づかないのと同じで、
不具合みつけっちゃった、みたいな感じです(笑)

人間関係で苦労しているときに、某PGの人が書いたエッセイに「対人関係で悩むエンジニアは、相手の頭には不具合があると思えばいい。それは「仕様」と思えばいい」みたいな話があって、なんてすてきな適応思考、なんて思いました。

また通りすがりで参りますかも。
パキシルとマイスリーが手放せないプログラマの戯れ言でした。

返信

>さよちゅうさん
ようやくここまで辿りつきました。
さよちゅうさん、以前パキシルを服用されていたんですね。
大いに励みになります。

>なにわのねこさん
おひさしぶりでございます。
おっしゃるとおり、デパスはお守りです。
客相手に喧嘩をしなきゃいけないときなんかに、事前に飲んでおくと、役に立ちます。

>佐倉純さん
コメントありがとうございます。
鬱=バグ論、いやいやほんとにそうですね。納得。うんうん。
それと、「対人関係で悩むエンジニアは、相手の頭には不具合があると思えばいい。それは「仕様」と思えばいい」
これ、ほんとに素敵な考え方ですね。明日から早速実践します。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】