FC2ブログ

政治家を失脚させる方法

小沢氏を強制起訴(2011.1.31 産経新聞号外)
 民主党の小沢一郎元代表(68)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、検察官役を務める指定弁護士は31日、同法違反(虚偽記載)罪で、小沢元代表を在宅のまま強制起訴した。検審の議決に法的拘束力をもたせた平成21年施行の改正検察審査会法に基づく強制起訴は4例目で、国会議員は初めて。

 政権与党の実力者が国民の判断によって起訴される事態となり、政権への打撃は避けられない。小沢被告に対し政治責任を問う声も再燃しそうだ。

 起訴状によると、小沢被告は、衆院議員の石川知裕被告(37)=同法違反罪で起訴=ら元秘書と共謀。陸山会が16年10月に東京都世田谷区の土地を約3億5千万円で購入したにもかかわらず、同年分の政治資金収支報告書に記載せず、17年分の収支報告書に記載したなどとされる。

 東京地検特捜部は昨年2月、石川被告らを起訴する一方、小沢被告については嫌疑不十分で不起訴とした。その後、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決。特捜部は再び不起訴としたが、審査員全員が交代した第5検審の再審査が行われ、同9月に起訴議決が出された。

 小沢被告はこれまでの特捜部の事情聴取に対し、虚偽記載への関与を否定。公判でも同様に否認するとみられる。東京地裁から選任された指定弁護士3人は今後、引き続き公判を担当し、小沢被告と元秘書との共謀関係を立証していく。


この動き、気をつけておいたほうが良い。



政治なんて、極右、極左でなければ、とりあえずいいんじゃないか。
政治が、まんなかを挟んで、少し右と少し左をいったりきたりしているときは、まあ大きな間違いは起きない。
民主党政権が大きな間違いを犯している、という大きな世論の流れがあるにせよ、それでも、制服軍人や中核派が政権を握ることに比べれば、些細なことだ。
極端にぶれないよう、選挙権を行使する。
それが、国民の政治に対する責任である、と思っている。
それで、自民党が下野したり、民主党の支持が下がったり、連立の相手がころころ変わったり。
それでいいのだと思っている。

ところがどっこい。投票行動以外の方法で、政治家を貶める方法が、確立されようとしている。
検察審査会で起訴議決、である。

小沢一郎。
もしかしたら、民主党の代表になっていかたもしれない人である。
それはつまり、総理大臣になっていたかもしれない、ということだ。

それを、選挙以外の方法で阻むことが出来ることを示したのが、検察審議会の起訴相当議決である。
そして今日、起訴された。
裁判は長期化が予想される。
「推定無罪」の原則が感覚として受け入れられているとは到底考えにくい日本である。
多分、起訴された時点で、政治生命的にも、駄目なんだろうな。
しかも、もともと嫌われ者だし。




政治家の誰かを失脚させる方法として、選挙以外のものが確立されている。
これって、どこかの共産主義国家と一緒ではないですか?
たまたま嫌われ者の小沢一郎だから、話がややこしいだけだ。
次のシナリオに、好きな政治家をひとり、あてはめてみれば良い。

・ある政治家がいる。
・その政治家を失脚させるために、罪をでっち上げる。
・検察審議会の担当弁護士にカネを積み、起訴議決に誘導する。

これでいいんです。
これで、誰でも政治家を失脚させることができるんです。

おかしいと思いません?
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】