FC2ブログ

原発ってどんだけおいしいの?

最近の、九州・玄海原発を巡るごたごた。
討論番組に賛成メールを送ったり、説明会に社員が参加したり。
町長と知事は、原発再稼動に前のめり気味。九電の身内みたいなものだということがバレるし。
九電も、あの感じをみると、うちには関係ないぞ、いいからやれやれ体質なのかな。

原発って、そんなにおいしいの?
なにかの事故が起きれば、半径30キロか、またはそれ以上の地域で人が住めなくなっちゃうんだけど、そのリスクを冒してまでやっちゃうほどおいしいの?
おいしいからには、どこからか湧いて出てくる、金だということは分かる。
では、その金は、一体どこから湧いて出てくるの?

地元自治体に、電力会社から大量の金が降ってきている。
匿名の寄付だったり、助成金だったり、工事の発注だったり。
だから、事故さえなければ、地元自治体がむちゃくちゃおいしいのは、分かる。

じゃあ、電力会社は、そうやって金をばらまいてでも原発を維持・拡大しようとするのは、何故?
そりゃ、それ以上においしいものがあるから、ばらまいても痛くも痒くもない、ということなんだろうな。
では、具体的には、なにがどうおいしいのだろう。


調べてみて分かったのだけれど、事故が起きない、廃炉にならないことが前提であれば、同じ発電量で比較した場合のコストは、他のどの発電方法よりも、原発が圧倒的に低いそうだ。
発電すればするほど、ウハウハ、というわけだ。
原材料費はほとんどタダみたいなものだし。

そうなると、そこにたかる人が出てくる。
政治家、関連企業、自治体、その他色々。
電力会社が勘違いするわけだ。

どこをどう金が巡って、電力会社が金満体質になっているのか。
原発を作る、あるいはそこに原発があることによって、誰がいくら儲けているのか。
原発をやめることで、誰が得をし、誰が損をするのか。
そこの構造をしっかり見抜かないで、原発賛成も原発反対もないと思う。

いまは感情論でもいいかもしれない。
でも、そのうち、感情は冷めます。
そうなったときに、きちんと論理的に議論が出来なければいけない。

これは想像だけれど、日本の原発全体の大事故率は、だいたい100年に一度くらいじゃないだろうか。
100年に一度、日本のどこかで、地震とか津波とか噴火とかテロにより、大事故が起きる。
この想像、結構いい線ではないだろうか。
また、廃炉に要する費用はまだ誰もまともに計算したことがないらしい。
かつ、放射性廃棄物を安全・確実に廃棄する技術も、まだない。
「地中にコンクリートで固めて埋める」って、あんた、それで安全だと思ってるわけ?
まだ、よっぽど地上で目で見える形で管理したほうが安全ですよ。

事故コストや廃炉コストなんかも全部試算して、そこまで含めて電力会社に押し付けるとしてみよう。
そのとき、まだ電力会社は原発を推進するだろうか。

原発を全廃すると、雇用がなくなり、数十万人の家族が路頭に迷う。経済的損失は福島原発事故と同程度かもしれない。
それでも、原発反対派は全廃を急ぐだろうか。

そういう損得勘定だけで議論しなければならない場面が、いつか必ずやってくる。
感情で決めようとすると、どこかに必ずしわ寄せが来る。

どこにも善人はいないし、悪人もいない。
関連記事


テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ただしい

おはようございます♪

ボクの知るなかでも、
ここでは、
よりただしい
おはなし(日本人としての適切な判断材料)が
かかれている、

そのように
感じておりますm(_ _)m

返信>Ryoji Suzuki様

ご無沙汰しております。

考えは違っていてもいいと思います。
でも、考え方は合わせないと、議論はなかなか噛み合いません。
そういう議論の場が熟成することを願っています。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】