FC2ブログ

メダカの稚魚

いまから3週間ほど前。
朝起きてみると、長男の飼っているメダカが、卵をぶらさげていた。
一瞬にして、目が覚めた。
いてもたってもいられなくなった。

元の水槽は、とても狭いので、放っておくと卵はすべて親魚に食べられてしまう。
孵化用の容器に卵を移し換える作業の開始だ。

メダカの水槽とは別の容器に水を入れ、元の水槽の水と水温を合わせた。
目の粗い洗濯ネットを失敬し、細長く切り刻んだ。
卵を抱えたメダカを手でそっとすくい、刻んだ洗濯ネットで腹をこすり、卵を絡めとった。
卵の付着したネットを、その容器に入れた。
とりあえずこれで、ひと安心。

それから1週間ほど、毎朝、卵のチェックを行った。
未受精卵や死んだ卵は、すぐ水カビに覆われる。
この水カビは、放っておくとすぐに正常な受精卵まで侵してしまう。
ピンセットで、死んだ卵を取り除く作業を、毎朝行った。

その間に、ネットで稚魚の餌について調べた。
通常の粉末のエサでも構わないのだが、やっぱり生餌、ブラインシュリンプかミジンコが良いらしい。
ブラインシュリンプなら、3年ほど前に金魚の稚魚を育てたときに買ったやつがまだ残っているハズだ。
物置から、金魚飼育用具をまとめてある箱を取り出し、中を確認する。
あった。ブラインシュリンプの卵。

そして、遂に、稚魚が生まれた。
忙しいのは、これからが本番である。

500ミリリットルのペットボトルに、海水よりやや薄めの塩水(濃度約2%)を作る。
そこに、ブラインシュリンプの卵を入れ、エアポンプで空気を送る。
そのまま、暖かく明るいところで1日半。
小さなホコリ、チリのようなブラインシュリンプが、一気に孵化する。
いわゆる動物性プランクトン、である。
3年前に買ったブラインシュリンプの卵だったが、まだ大丈夫だった。
当面は、これで何とかなりそうだ。

稚魚は、20匹ほど孵化した。
そこに、スポイトでブラインシュリンプを滴下する。
じっと、観察する。
小さな小さな稚魚が、もっと小さなブラインシュリンプを、ぱく、と食べた。
か、かわいい。

ブラインシュリンプは、薄いオレンジ色をしている。
それを食べた稚魚のおなかも、薄いオレンジ色になった。

稚魚がきちんと食べているかどうか、ひとめで分かるところも、ブラインシュリンプの良いところである。


この餌やりを、朝、昼、夕、と実施しなければならない。
でも、僕には仕事がある。

そうだ。長男がいた。
「おい」
「なあに?」
「この動物性プランクトンをメダカの赤ちゃんにやってくれ。朝、昼、夕方だ」
動物性プランクトン、という響きが、長男の目をキラキラさせた。
「わかった!!」
「頼んだぞ」





それから2週間。
稚魚はぐんぐん大きくなり、1センチくらいの大きさになった。
そろそろ、通常の配合飼料に切り替えても大丈夫かもしれない。

仕事から帰ると、水槽の前で、20分ほど稚魚を眺めるのが、最近の日課だ。
ブラインシュリンプを、滴下する。
ほれ、エサだぞ。食え。
ぱくぱくぱく、と稚魚がエサを食べる。

か、かわいい。
癒しのひととき。
関連記事


テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^

メダカの稚魚、可愛いですよね♪
さすが、ストラグラーさん、かなり専門的な内容で、すごいなって思いました^^
うちは、ホテイソウに産んだ卵を、ホテイソウごと、100均で買ったタライに移して、あとは、親メダカと同じエサをすりつぶりたものを与えています^^
かなり、手抜き放任の飼育です^m^
でも、メダカの繁殖力がものすごくて、、、\(゜ロ\)(/ロ゜)/
最近は、まめに採卵するのは止しています。。。
増えすぎても、、、
その卵や稚魚は、、親が、食べ…(;一_一)

可愛いメダカと、それをみるお子さん、見守るお父さん^^
思わず微笑んでしまいました^^

返信>雨乃様

こんばんは。
ほんとに、食べちゃいたいくらい可愛いです。
・・・・・・ん?何か言葉を間違ったかな?

お盆は田舎に帰省してしまうので、その間どうしようか、思案中です。
近所の沼で掬ってきたメダカなので、同じ場所に放流しちゃおうかな。

今回いろいろやってみて、同じ手間で数十匹、数百匹単位でのメダカ大量養殖も不可能ではないことが分かりました。
来年、やってみようかな。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】