FC2ブログ

「正しく怖がりましょう」の意味

横浜でのストロンチウムの発見とか、世田谷や柏の異常な放射線量とか。
大丈夫とは思っていても、なんとなく不安になることが増えている。

目に見えないから、どう対処していいのか分からない。
どこまでが安全でどこからが危険なのか、明確な基準がない。
「正しく怖がりましょう」だけじゃ、何の説明にもなっていないことを、言っている本人が分かっていない。

じゃあ、もう、自分で色々調べるしかないわけで。

ネットでいろいろ検索すると、もう、悲観論の嵐、嵐。
危険厨圧倒的有利、安全厨というだけでバッシングをうけるという、異常さ。
その危険厨の言い分だって、結局のところ、「危険かどうか分からないものは全部危険」という論理だけ。

おまけに行政のやっていることが、徐々に規制を厳しくする方向に傾きつつある。
これで不安になるな、というほうが無理な話。
最初に高く規制をかけ、徐々に緩めていくという王道が、なぜ今回、取れなかったのか。

というわけで、自分の身は自分で守る、家族の身は自分が守る、という極論をするしかない。
そこで欲しいものは、真面目な学者が真面目に調べた、それでいて分かりやすい解説。

ようやく見つけたのが、こちら。↓



本当の専門家に聞いてみた放射能の真実 - 「分からない」から不安と恐怖が増殖していく
2011.10.27(木) JBPress

京都大学原子炉実験所の高橋千太郎副所長。専門は、動物生理学。プルトニウムを使って動物実験を行い、放射線が人体にどれだけの影響を及ぼすのかを研究してきた人、なのだそうである。
「危険厨有利」の形勢に乗っただけの放射線素人・武田邦彦よりも、よっぽど信用のおける話ではないだろうか。

学者が専門外のことを語っている場合、その話の信憑性は、飲み屋のおやじの戯言程度に聞いておくのが正しい聞き方である。言うことが合っていたとすれば、それは、趣味で勉強していたか、あるいは当てずっぽうがたまたま当たっただけの話である。
マスコミ受けする、というだけの話である。
もちろん、同じように「安全だ」と主張している放射線素人の言うことも信用しちゃいけない。

直感的にぱっと分からない話は、なかなかマスコミには登場しない。
真面目な学者は、マスコミに媚びへつらって専門外のことをぺらぺらと主張なんかしたりしない。
だから、マスコミには「衝撃的なひと言」程度の浅知恵しか出てこない。
それは、マスコミの責任ではあるが、きちんと理解しようとしない視聴者の責任でもある。
躍らされる視聴者側の勉強不足。

ついでにいうと、いわゆる御用学者の言うことが信用ならないのは間違いない事実であるが、その人が本当に御用学者かどうかを確実に判断できなければ、信用する/しないの判断の根拠もないことになる。

ということは、自分で勉強するしかないじゃないか。

2時間でいまがわかる! 放射能の真実! (2時間でいまがわかる!)2時間でいまがわかる! 放射能の真実! (2時間でいまがわかる!)
(2011/09/30)
辛坊 治郎、高橋千太郎 他


遂に、我が家の周辺の親水公園の水際が封鎖された。
メダカやザリガニのたくさんいる、田舎の子供の泥遊び場だ。
ここがロープで立ち入り制限され、「1μSv以上の放射線が検出されました」という看板が立てられた。

危険かどうか分からないから、危険?
なぜ、調べようとしない?
調べずに怖がる、それは、ただの怠慢ではないか?
そうやって怖がるのは、そのへんで煽っているだけのバカと変わらない。

調べて数字を理解して、怖がる基準を明確にしてから、怖がればいい。
見えないものを見えるようにすることが、スタートだ。
でなければ、そこにいるはずのない幽霊を怖がるのと変わらないじゃないか。



僕は立ち入り禁止のロープの隙間から、川の流れの中を覗き込んだ。
水は透き通り、何匹もの魚が群れを作っていた。
よく晴れた、平穏な、土曜日の午後である。
関連記事


テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】