FC2ブログ

鬱の新年の過ごし方

新年を、どのように過ごすか。
鬱にとって、それはとても重要な問題である。
日常とは違う時空間に身を委ね、その直後から始まる日常にスムーズに溶け込むという、鬱にとっては極めてハイレベルな、また成功率の低い課題なのだ。

精神の健全な人でさえ難しいこの課題を、鬱として、どう乗り切るのか。

乗り越えなければならない壁は、いくつかある。
1.年始のご挨拶攻撃
2.暴飲暴食
3.生活リズムの乱れ
4.今年の目標という無理難題

ざっと、思いつくだけでもこれだけある。
では、ひとつひとつ、攻略法を検討していこう。

1.年始のご挨拶攻撃
基本は、「来るものは拒まず、去るものは追わず」の精神で良いであろう。
ただ、あまりにもしつこい客の来襲に備え、あらかじめ体調を崩しておく、というのは、ひとつ大きな手段となり得る。
万人の認める理由により、引き篭るのである。
本当に体調が崩れれば、引き篭ることによる心の痛みも少ない。

2.暴飲暴食
これが難しい。
特に、奥様のご実家に滞在中のご主人の場合、あちらのお父様お母様の「まあまあ、飲みなさい、食べなさい」攻撃に対抗すべき有効な策はないと考えておいたほうが良いであろう。
意外と、酔いつぶれたほうが話が早いかもしれない。

3.生活リズムの乱れ
努めて、通常の生活リズムを乱さぬことである。
いつも起きる時間に起き、いつも昼寝をする人は昼寝をし、いつも寝る時間に寝るのが望ましい。
ただ、そうもいっていられない場合もあろう。
睡眠導入剤をお持ちの方は、充分にこれを活用していただきたい。
寝る時間、起きる時間は、がんばって普段と合わせよう。

4.今年の目標という無理難題
「さあ、今年こそがんばるぞ」
これは、鬱病を悪化させるきっかけにもなり得る、大変危険な行為である。
今年がんばったって、だめなものはだめなのだ。がんばれるのだったら、去年からがんばっていたはずなのだ。
よって、これについては「一日一善」程度に留めたい。
人生で大切なことは、「足ることを知る」ことと、「諦めることを知る」ことである。
べつに、がんばるな、と言っているわけではない。新年だからがんばる必要はまったく無い、というだけである。


以上、読者諸兄の健闘を祈る。
関連記事


テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】