FC2ブログ

ぼくの躁状態

鬱状態の終わり。
ぼくにとって、これは躁状態の始まりでもある。



今回も、1ヶ月ほど休職して、先週復職したばかりなのだが、
復職直前は、もう、いてもたってもいられなくなった。

病院に行き、復職可能であるとの診断書を書いてもらう。
「復職したいから、書いてくれ」と言ったら、お安いご用とばかり、そのとおりに診断書を書いてくれる、やさしい先生だ。(もちろん、診断書はそんなにお安くない)
ちなみに、休職開始のときも、「1ヶ月ほど休職したいから、診断書書いてくれ」と言って書いてもらった。
やさしく、頼りにならない先生だ。


この時期、非常に危険な時期でもある。
自動車の運転が荒くなり、しょっちゅう何かにぶつかりそうになる。
普段、滅多なことでは鳴らさないクラクションを、10分に1回は鳴らしてしまう。

先日、運転中、停車中の自動車と接触してしまった。(ダメージは塗装のみだったが)
イライライラっとしたが、圧倒的にこちらが悪い。
徹底的に笑顔で謝り倒して、許してもらちゃった。
家に帰って、またイライライラっとした。
「あんなところに停車しているほうが悪い」

ほんとうは、狭いところを無理に通り抜けようとした、ぼくが悪い。


昼食を食べに街中を歩いていたところ、タバコをぷかぷかとふかしながら横断歩道を渡るおっさんに遭遇。
周囲に煤煙を撒き散らしながら、まるでエンジンオイルを5年も変えていない車のように歩いている。
道路を渡りきると、もちろんポイ捨て。
最後に下を向いて、煙をブシューっと吐き出す。
非常識な喫煙者が、やたら目に付く。
蹴り倒したくなる。


躁状態といいつつも、傾向としては、鬱のときと同じなのだろうな。
喫煙よりも、暴力のほうが許される気分になってくる。
昔からタバコを吸っていない人よりも、タバコを吸っていてやめた人のほうが偉い、と思う自分がいる。
停車している車は、動いている車に対する注意義務がある、と勘違いしてしまう。
善悪、道理、常識が見えなくなるという意味では、鬱と同じ。
アウトプットが違うだけ。出力装置の故障。

今日も、どこかで敵を探しているぼくがいる。


---今日の測定結果(カッコ内前々日比)
体重:80.6kg(+0.2kg)
体脂肪率:30.0%(-1.0%)
腹囲:98cm(-3cm)
コメント:
 今日は何の努力もしていない。なんだかいろいろなことが面倒な日である。
関連記事


テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】