FC2ブログ

総合病院へ

今日は、妻と一緒に、少し離れたところにある総合病院に初めて行った。
見てもらうのは、ぼくではなく、妻である。


といっても、妻が病んだわけではない。
実は、3人目の子どもがまもなく生まれるのだ。
予定日は今月末。もう、臨月真っ最中。

このブログ内では初告白である。
何となく書くタイミングがなく、書きそびれていた。
だからといって、誰かに謝る必要もないのだが。


なぜ、臨月の妻が急に総合病院に行くことになったのか。

これまで、わりと近所にある、小さな産婦人科に通っていた。
先週末、診察を受けに行ったところ、そこの医者から、
「赤ちゃんが大きくなりすぎているようだ」と言われたのだ。
赤ちゃんが大きすぎ、産道、骨盤をきちんと通過できるか、つまり、自然分娩できるかどうかの、微妙なラインにあるらしい。
その産婦人科は小さいので、万が一、帝王切開が必要になったときに、すぐに対応できないのだ。
というわけで、すこし離れた総合病院への紹介状を書いてもらって、転院することになったのだ。

妊婦の受け入れ拒否が流行っている時期でもある。
あらかじめ診察を受けてもらうことは、非常に大切な措置だ。


総合病院らしく、受付から診断終了まで4時間かかった。ふう。
レントゲンをとって、赤ちゃんの頭と骨盤の関係を見て、自然分娩が可能かどうかチェックしてもらった。
結果は、前の医者の見立てどおり、「ぎりぎりセーフ」。
自然分娩で頑張ってみて、無理なら帝王切開に切り替えましょう、ということになった。

妻がすごく辛いのではないかと、心配になる。
散々頑張った挙句、「切りましょう」ということになったら、大変ではないか。
でも、本人は平然としている。肝が据わっている。
「私の心配より、自分の心配をしなさいよ」と言われる始末。



そう、
先週の木曜日、金曜日は、頭痛で会社を休んだ。
今日は、妻の病院への付き添いで休んだ。

さすがに明日は行かなきゃまずいだろうなあ・・・。

相変わらず、頭はぼおっとしているのだが、個人的裁量の範囲内で朝昼のデパスを減らしてみた結果、ぼけぇっとした感覚は少し減った気がする。
ビンビン動けるところまでは至っていないが、まあこれくらいなら、何とかなるだろう。

それとも、この神経症状、3人目出産間近であることと関係あるのだろうか。
多分、あるのだろうな。
ただ、そんなことでぐちぐち言ってもいられない状況でもある。
このブログで、適当に毒を抜いていこう。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~
おめでとうございます・・・って、まだですが(笑)

総合病院って題名をみて、てっきり
ストラグラーさんが行かれたのかと思いました。
出産のことでの受診なら、よかった!

3人目だから、比較的に楽かとは思いますが
ちょっと心配ですね。
母親は強しなので・・奥様の言われたとおり
大丈夫と思いますが(笑)

男性は産むことはできないので、ここは
奥様に任せましょう・・・
応援!

返信>らいりさん

あ~ごめんなさい、タイトル悪かったですね。
とりあえずタイトル仮決めで書いてみて、そのまま投稿ボタンを押してしまいました。
> 男性は産むことはできないので、ここは
> 奥様に任せましょう・・・
もう、応援しかすることがありません。
できることと言ったら、酒を飲まないこと。
何かあったらすぐに運転できるように。
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】