FC2ブログ

今、禁煙中なのに、すごくタバコ吸いたい

禁煙はじめて4ヶ月。ニコチンパッチ外して2ヶ月半。
今、ひさしぶりに家で発泡性醸造酒(ビールもどき)を飲んでいる。
妻子はすでに就寝中。


・・・・・・すごおおおおおく、タバコが吸いたい。


今日は日中、子ども2人(6歳、3歳)を連れて、都内繁華街にお出かけ。
躁状態真っ最中なので、がんがん買い物をする。
昼飯(McDonald's)中、子どもとくだらない話をする。
「おまえら、全部食えよ。食わなかったら父さんメタボになるからな」
「もうなってるじゃん」
「今度、健康診断があるんだ。そこで父さんが若い娘に「メタボですねぇ」って言われるんだぞ。そんなのいやだろ?」
「いいよ、じゃあ、ポテト勝手に取らないでよ」
「いいじゃん、すこしくれよ」
「ぼくのあげる」
「サンキュー」
「あ~メタボになるよぉ~」

もう、どっちが子どもでどっちが親か、分からない。

店を出て、ウィンドウショッピングを行う。
「ウィンドウショッピングって、なあに?」
「店に入っても買わないことだよ。「みてるだけ~」ってやつ」

・・・・結局、財布中に存在した10,000円ほとんどを使ってしまった。
中古のNゲージレールと車輌、アクセサリ(踏切)、Bトレインショーティー用台車を購入。
子どもの趣味と、ぼくの趣味は一致。
もちろん「鉄道ファン」である。
妻も教育上、大抵の電車の形式・愛称は覚えている。

商店街を歩いていると、喫煙可能エリアがあった。
土曜日、いろいろな人が集まって、煙を噴いている。
なんだか、吸いたくなってしまった。
ひさしぶりの感覚だ。


最初の禁煙は、気合と根性と競争相手とすこしの禁煙補助薬で、何とかなるものだ。
ところが禁煙開始4ヶ月のこの時期まで、気合も根性も競争意欲も禁煙補助薬も続いているわけがない。
多分、この「吸いたい~」は、単なる興味なのだろう。
一度でもくさやを食べたことのある人にとって、くさやの味が忘れられないように、ぼくもタバコの味を忘れることはできないのだ。
禁煙したことに、喜びを持つ必要があるようだ。

少しこの場を借りますね。

禁煙したことによる喜びを列挙することで、自分を鼓舞する。
・レストラン等で、「おタバコはお吸いになりますか」と言われたときに、「吸いません!」と言うこと。
 (でも、そこで「そうなんですか、すごいですねぇ」と感心してくれるウエイトレスさんはいない)
・4~5時間ぶっ続けの会議に耐えられること。
 (でも、そんなものに耐えたくない)
・お小遣いがひと月あたり1万円浮くこと。
 (でも、そのために小遣いが1万円減額された)
・禁煙したくでもできない女の子から、「すごいですねぇ」と尊敬の視線を浴びたこと。
 (でも、それだけ。期待しているわけではないが、それ以上何の進展もない)
・恰幅が良くなること。
 (これって、喜びか?)

う~ん、吸わないようにがんばろう。
このへん忘れると、また鬱になるからな。

とりあえず、今は酔いも手伝い、非常に爽(躁?)である。
関連記事


テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】