FC2ブログ

やけくそ、あるがままの自分

昔、ぼくは「やけくそ」が上手だった。
今になって思い出してみると、「そういえばやけくそが上手だったなあ」と思うのだ。

昔から、今でもそうだが、何か問題に遭遇すると、ものすごく悩んで、疲れた。
自分の生き方、性癖に、うんざりした。
布団の中で泣いたり、物に当たったりした。
そして、袋小路に追い詰められていくような気分になった。

そんなとき、ふと、「もう、どうにでもなれ!」という感覚がやってくる。
そして、やけくそで、なにかひとつのことを、ばっさりと切り捨てる。
これが、大抵の場合、うまくいった。
いろいろなものが好転し始め、環境までもがぼくに味方をしてくれた。
そして、切り捨てたはずのものまでもが、戻ってきた。

捨てたものは小さくない。
友人を捨てた。趣味を捨てた。学歴を捨てた。金銭を捨てた。
でも、時を経て、捨てたと思っていたものは、ぼくの手元に帰ってきた。


切り捨てる物、時期、そういったものの選択が上手かったのかもしれない。
あるいは、追い詰められすぎていて、状況としては好転する以外に道が無かったのかもしれない。
どちらにせよ、ぼくは、自分自身を幸運な人間だと思っていた。



2年前、鬱を発症してから、この「もう、どうにでもなれ!」という感覚がやって来ていない。
いや、逆だ。
2年前、仕事でにっちもさっちもいかなくなり、「もう、どうにでもなれ!」という感覚がやって来るのを待ち続け、結局やって来なかったのだ。
代わりにやってきたのが、鬱だった。



今朝、長男が何気なく言った。
「とうさん、おしごとがんばってて、すごいね」
なんだか、ものすごく嬉しくて、情けなくて、泣きたくなった。
ぼくは何をしているのだ?
何を立ち止まっているのだ?



いま、鬱から足を洗うために、この「どうにでもなれ!」という感覚を待っている。
無理やり「やけくそ」になっても駄目なことは分かっている。
悩み、落ち込み、泣き、物を壊し、そうやって自分を追い詰めたところに、きっと「やけくそ」が待っている。

「鬱病の人間は、自分を追い詰めてはいけない」
ぼくは、そう思い込んでいたし、この2年間、そういうことを避けて、生き延びてきた。
鬱を治すことなんかできないと、心のどこかで思っていたし、のんびり構えて、いつか元に戻れたらいいなあ、そんな考え方をしていた。
鬱になり、真剣に悩むことが怖くなり、泣くことが病気の仕業に思え、何も出来なかった。
でも、もう、やめようと思う。
「あるがままの自分」
それは、
「生きることに悩み、苦しみ、たまにやけくそになって前に進む自分」
である。
鬱であることを理由にして、「あるがままの自分」を否定していたのではないか?


真剣に悩んでやる。悩み抜いて、自分自身を追い詰めてやる。
大丈夫。死にはしない。
死なない自信があるし、死ねない理由がある。
ぼくには、味方がいる。
どんなときでも応援してくれる、強い味方が。
関連記事


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

「やけくそになる」ことが出来ないで苦しんだ一人です。
母のことなど、やけくそになって、放置できれば
私もこれほど苦しまなかったと思います。
ある意味、心の切り替えは必要ですね。

突然ですが
「人生の目的」とは「生きること」
この言葉が私のなぐさめです。

出世するとか、子供を立派に育て上げるとか、名前を世に残すとか・・
そういうことが人生の目的ではなく「ただ、ただ、生きていること」
これこそが人生の目的だという言葉です。
生きていることは素晴らしいことだと思います。

母との関係で疲れ果てた時、何のために生きているのか
考えたことがありました。
何のためでもなく・・・ただ、生きているだけでいいのだ・・・と
思えば、気持ちが楽になりました。

とりとめもないコメントですみません。
記事を読んで、ふと心に浮かぶことを書かせてもらいました。



返信>らいりさん

とりとめもないコメントなんて、とんでもない。
ぼくの書く記事より、よっぽどしっかりしてます。
しかも、その内容に、激しく、激しく同意。
・・・代わりに、記事も書きませんか?
らいりさんって、すごいなあ。

やっぱり、苦しんだんですね。
わかっていつつ、でも楽しい、らいりさんのブログ。
思わず辛さ、苦しさを忘れてしまうのも事実です。

> 「人生の目的」とは「生きること」
時間をかけて、納得するまで考えてみたい言葉です。
自分の言葉に翻訳してみたいと思います。

・・・とりとめもないコメントとは、このようなコメントのことを指します・・・
ランキング参加中
また、ランキングサイトに参戦することとなりました。
グリグリグリっとクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
プロフィール

ストラグラー

Author:ストラグラー
システムエンジニア11年戦士。
世の中の出来事や身のまわりのいろいろなことに、興味の向くままに、てれてれと書き綴ります。
闘って撃沈したり、折り合いをつけたり、妥協したり、たまにはガッツポーズしたり。
お気軽にお楽しみくださいませ。

リンクフリー。お気に召しましたら、ご自由にどうぞ。

カウンター
目次

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
躁 (8)
本 (6)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア
edita.jp【エディタ】